大好きな日向ぼっこ。

「いよいよその時がきてしまうかも…」

ご連絡いただき、ママさんとお会いしました。1週間くらい前から、食べること、トイレに行くことができなくなってしまった…

「その時がきてもちゃんとしてあげられるよう、詳しく教えて欲しい。」

その数日後、ママに抱かれ静かに眠りにつきました。

 

時間がくるまでいつもの場所で日向ぼっこを。

たくさんお花を入れてあげよう。大好きなかつお節、焼き海苔、お気に入りのちいさなオモチャ持たせてあげよう。

「先月から病院で点滴をしてもらっていた…昨日は胸に溜まった水を抜いてもらった…」

「ししゃもを焼くとすぐに察して近くで待っていた」

ししゃも、今お家にありますか?お時間まだありますし、焼いてあげるのはどうでしょう?

ママさんの匂いのするもの、何か持たせてあげませんか?枕カバーや、ハンカチ…ママの匂いに包まれていたら、より安心して眠れるかも…

お手紙を書いてもらっている間にお花の準備を。そして、ししゃもが焼きあがりました。

焼きたてのししゃもはひと口サイズに切りました。

レモンちゃん、よかったね。好きなもの、いっぱいだね。お空にいるみんなに自慢できるね。

あたしはママにとっても愛されているの。

そうだね。あなたはママの宝物だもんね。またいつか会える日まで安心しておやすみなさい。

「事前にお話伺ったことで、心の準備が出来ました。しっかり送ってあげられることが出来ました。」

家族だから、きちんと送ってあげたい。出来るだけのことをしてあげたい。14年間ありがとう。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

大好きな日向ぼっこ。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です