愛猫〝ぷう〟とお母が虹の架け橋に。

私たちの大切な家族。いつか必ずくる別れ…。

私たちの何倍もの早さで時間が過ぎるちいさな家族。迎えたからには、送り出すまでが親の務め。残して先に逝くわけにはいかない。哀しくても辛くても見届けてあげなくては。

そのとき、一切後悔していない、やりきった。と言える人はどのくらいいるのでしょうか。

私は後悔だらけでした。

出逢いから別れまでの23年間。私なりに愛してきたし、介護も出来るだけのことはしたはず。それでも、「あのときもっとああしていれば。」「もっと早く気づいていたら。」「もっと好きなもの食べさせてあげていたらよかった。」

「…たら。」「…れば。」言い出したらキリがないし、きっと別の選択をしたとしても後悔したのでしょう。

愛猫ぷうを見送り2年9ヶ月。今でも動画を見るのは辛いし、ぷうのことを口に出すとすぐ涙が出てしまうけれど、こんな私でも私なりに感じ、みなさんに伝えたいことがあります。

あの子はきっと、あなたが幸せそうにしていることが1番嬉しい。

泣いたっていい、泣き疲れて新しい家族を迎えたっていい。あなたが幸せそうに笑っていたら、安心して眠れる。時々は遊びに来てくれるかもしれない。早く生まれ変わって来てくれるかもしれない。虹の橋のふもとで、再会できる日まで待っていてくれるかもしれない。

お母が大好きなぷうちゃん。

1.15kgになるまで頑張ってくれたのは、お母が心配だったからでしょう?

寝るときもごはんを食べるときも一緒に。腕枕も膝の上も大好き。毎日玄関でお出迎えしてくれました。

お留守番ばかりさせてごめんね。

外泊したこともありました。きっとぷうにとっては長い長い時間だったよね。

20歳で慢性腎不全と言われ、その頃から少しずつ軽くなっていきました。

考えたくないけれど、いつかその時がくるんだ…。この子がいなくなったら、私はどうやって生きていけばいいのだろう。

「ぷうお願い。長生きしてね。お母をひとりにしないでね。」

出来ないことが増えました。高い所に登れなくなり、トイレに間に合わないことが増え、寝ていることが多くなりました。たくさんお水を飲んでも出ていってしまうため、脱水症状に。先生に相談し、自宅で点滴を始めました。

「2kgをきったら覚悟した方がいい。」そう言われていましたが、ついに…。でも諦めない。

痛かったかな。ごめんね。

ぷうがどうしたいかわからない。私の選択は正しいのだろうか?間違っている?

ごはんを食べられないことが増えました。大好きだって知っていたのに、長生きして欲しいからあげなかった、焼いたマグロ、鮭、茹でた鶏の笹身。食べてくれるならなんでもいい。お願い食べて。

ウエットフードは数回に分け、少しずつ食べました。

もっと早く好きなものたくさん食べさせてあげればよかった。ごめんね。

帰宅すると水溜りがあちこちに。掃除しながらため息。帰ったらすぐに抱きしめてあげればよかった。わざとじゃない。ぷうは何も悪くない。老いるということはそういうことだった。

ため息なんかついてごめんね。私が早くに気をつけてあげればよかった。

トイレ行くの大変だったよね。段差もしんどかったね。

 

そして、歩けなくなりました。

それでも生きて欲しかった。そばにいて欲しかった。もっと食べて、お水をたくさん飲んで。お尻汚れたらお母が拭くし、洗うから。

膝の上が大好きなのに、腕枕が大好きなのに、ひとりで寝かせるようになりました。ぷうはいつもお母を見ているのに。

汚れたって濡れたっていいのに。もっと抱っこしたらよかった。ごめんね。

そして、起き上がることもできなくなりました。寝たきり…。それなのに、ぷうを置いて仕事に行かなくてはいけません。

ごめん…。

奇跡を起こしてくれたことがありました。寝たきりだったぷうが、起き上がり、自力でごはんを食べ、そのまま私の膝の上に。ありがとう。たくさん抱きしめてしばらく膝の上のぷうを撫でまわしました。

いよいよその時がくるかもしれない…。

覚悟しなくてはいけないのかなぁ。

声が出なくなりました。鳴かない…。また病院へ。20年以上お世話になっている先生。休診日も診ていただいたり、出勤時、預かっていただき半日点滴していただいたり。オムツをしようか相談したときは、「蒸れてかわいそうだよ。」とぷうのことを考えてくださった信頼する先生。その先生が暗い暗い表情。

「今日の診察代は結構です。」

受付でそう言われ、ろくにお礼も言えず泣きじゃくり出てきてしまいました。

わかってはいる。もう…。だけど諦められない。

仕事を辞めて介護に専念しよう。明日休みをもらえば3連休。休み明けに会社に言おう。

そして連休初日、1時間毎にシリンジでスープを。30分毎にお水を。

友人に教えてもらった、床ずれ防止の手作りウォーターベッドに寝かせ少しの時間日向ぼっこを。その間に部屋の片付けなどを済ませ、またシリンジタイム。

残り時間が少ないなら、もっと早くそばにいることができたらよかった。ごめん。

明日もしっかり介護しよう。ちょっと腹ごしらえ。寝ているぷうを見ながらキッチンで桃を立ち食い。そう言えば、私最後にいつごはん食べたっけ?

 

なんか様子がおかしい。ぷうの表情が。

慌てて抱きしめました。よかった。息をしている…。でも…。

 

私の腕の中で静かに静かに息を引き取りました。

桃なんか食べていてごめんね。でも、間に合ってよかった。決めていたんだよ。数日前から。その時がきたら、ちゃんと言おうって。これだけは。

 

「ぷう、ありがとう。大好きだよ。」

 

親孝行な子。無職になる前に…。なにか察したのかなぁ?3連休の2日目。明日1日ふたりでいられる。とっても仕事にならなかったと思う。この日を選んだの…?

 

あれから2年9ヶ月。

1日2回、笹身や鮭をぷうの祭壇に供え、花と線香を絶やさないことだけが私に出来ること、と泣き暮らしていましたが、2匹の保護猫の里親になり、少しずつちゃんと暮らせるようになりました。もう二度と別れは嫌。こんな哀しい思いをするのは耐えられない。そう思っていましたが、ぷうのいない生活、人生初の一人暮らしに耐えられない…。体の一部が切り離されたよう。

ぷう、いい?

見た目は全くぷうに似ていない子たち。似ていたら比べてしまう。腕枕は嫌。ぷうの場所だから。ぷうの祭壇に乗らないで。

最初は葛藤しながらでしたが、今ではミニタワー、ベッド、トイレもぷうのお下がりを使っています。腕枕ももちろん。

 

ぷうはお母の世界一。      

  だけどこの子たちも世界一。

 

あの日、火葬場に行く日の朝方夢を見ました。私の膝に手をかけたぷうが5匹の仔猫を出産し、天国にいる私の父がその場に居合わせ仔猫たちを拭いてくれるという夢。

また出逢っていいんだよね。

 

お母が幸せに暮らしていることが

あたしは1番嬉しいよ。

 

きっと、そう言ってくれる。

泣いたっていい。悔やんでしまうことは仕方ない。けれど。あの子を安心させてあげたい、今はそう思います。

 

「ペットロスの会を開いて欲しい。」

先日相談を受けました。今、進めています。きっと泣いてしまう。うまく伝えられるかわかりません。みんなで、ゆっくりいきましょう。頑張り過ぎず、心にため込まず、ゆっくりと。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

最後にかける言葉は

「ごめんね」よりも「ありがとう」

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

 

 

 

ミニチュアシュナイザーのどんちゃん。

お客様からのお言葉 

お疲れ様です。本当に、色々お世話になりました。どんちゃんを天国に送ってから毎日忙しい日々を過ごしています。家族でどんちゃんを送ってあげられたから、前向きに日々を過ごせているんだと思います。寂しくないと言ったら嘘になりますが、どんな時も側にいてくれているんだ、と感じながら生活しています。本当にありがとうございました。最後の最後まで、ずーっと一緒にいられた事、忘れません。私は本当に幸せでした。まだまだ寒い日が続きますが、お身体に気をつけて、ワンちゃん猫ちゃん達の為とご家族の為に、これからもよろしくお願いします。

どんちゃんのお母さんからあたたかい言葉をいただきました。あの日は大変ご迷惑をおかけしたのに、お優しい。ぬいぐるみで可愛く包まれたどんちゃんを思い出します。ご旅行中の家族写真。幸せそうなどんちゃん。あのお写真も持たせてあげましたね。寂しくないわけはないと思います。でも心の中にどんちゃんはいる。そして、きっといつか逢えますよね。どなたかが言っていました。

「別れとは思わない。再開へのカウントダウンが始まったのだ。」

素敵な言葉ですね。

もう1日一緒にいられるね。

そしてその後

ご注文いただいたそのまま肉球キーホルダーとお線香をお届けしました。1人1つ。これからも一緒ですね。

キラちゃん、ありがとう。

ロシアンブルーの女の子、キラちゃん

可愛いあの子が天使になりました。

大切な家族だから、きちんと送ってあげたい。ご家族の想いはひとつ。

13歳半。人でいうと70歳くらいで、いつの間にかおばあちゃん。でもご家族にとってはいつまでも赤ちゃんのような可愛らしいかけがえのない存在。まだまだ一緒にいられる!これからもずっと。でもその時が来てしまいました。

淡いピンクのベッドが大好き。赤いベッドには入りません。色の区別ができるのね!すごいねキラちゃん。

あなたの愛おしい毛はお団子にして大切にしています。あなたにそっくりな大きなマスコットを作る!

お弁当も作りました。ヒルズのカリカリとチキン味の缶詰。舐めるのが好きだったお菓子も牛乳も入れてあげよう。牛乳は八ヶ岳のものしか飲まなかったね。

オモチャも持っていってね。じゃらしはモジャモジャだけカットして入れてあげよう。写真は残したい。全てが愛おしいから。

あなたの好きな淡いピンクのお花をたくさん入れてあげよう。ピンクのカーネーションは「純粋な愛」「母への愛」あなたにぴったりでしょう?お母さん大大大好きなあなた。可愛いお顔のまわりには、ひとりひとり、あなたへの感謝の気持ちを込めてピンクのバラを。

八ヶ岳の牛乳は、お口にも少しね。

いやだけど、お別れなんてまだしたくないけど、きっとまた逢えるから、みんなで送ります。

おばあちゃんになったって可愛い。お骨になっても愛おしい。大好きなあなただから、ありったけの愛を込めて。

キラちゃん。生まれてきてくれて、うちの子になってくれてありがとう。たくさんの幸せもらったよ。ありがとうね。行ってらっしゃい。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

お骨になっても愛おしい。

 

お骨になっても愛おしい。

昨日お見送りしたあの子。

ご家族の手には分骨用カプセル。

「犬歯が残ってくれたらいいな。」

「綺麗に残ってくれたらいいな。」

親孝行な子。ご家族の願いが叶いました。綺麗なお骨。真っ白でしっかりしています。犬歯も。そして、ちいさな可愛いお骨。

「可愛い!これも可愛い。あ、それも可愛い!」

ひとりひとり、選んでカプセルに。丁寧に優しく手で。

つぼに納めるお骨がなくなってしまうかと思うくらい、全てが愛おしい。

幸せだね。

お骨になっても愛おしい。

大好きなあなた。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

 

「ごめんね」よりも「ありがとう」

いつか来てしまう別れ。

その時家族に伝えたい。

「ごめんね。」よりも「ありがとう。」

大好きだよ
キミと出逢って
キミと過ごして
たくさん笑って
たまーに叱ったけど
いっぱいいっぱい
幸せをもらいました
世界一キミが大好きだよ

ありがとう
生まれてきてくれて
私の子になってくれて
本当に本当にありがとう
キミは幸せだったかな?
私は世界一のお母だったかな?

忘れないよ
キミは私の宝物
ずっとずーっと忘れない
きっときっとまた逢おう
世界一キミが好きなお母より

 

「あの時もっとああしてあげれば…。」

たくさん悔やむことはあるけれど                      「ありがとう。」をたくさん伝えたい。
そしていつかまた逢えたら聞いてみよう。

「キミは幸せだったかな?」

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

ずっと背中を撫でていたいけど…。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

〝相棒〟であり〝子供〟でもあり、時には兄弟のように甘えてきたり拗ねてみたり、毎日玄関までお迎えに来てくれたりしたあの子。

お骨にしたくない。このままずっと一緒にいたい。
でも…。
火葬してあげよう。覚悟を決めた。

花屋さんに行っても欲しい花があまりなかったので、市場まで行き買い占めたピンクのカーネーションとトルコ桔梗。

優しい可愛らしい性格だから、たくさんの可愛いお花で包んであげたい。

手紙もごはんも。

大好きなちゅーるはお口にチョン。

出来る限り自分でしたい。

家族だから。
自分の手で全てしてあげたい。

一旦お別れだけど、俺のことが大好きだから、この家が大好きだから、まだしばらくいてくれるよね。

生まれてきてくれてありがとう。
大好きだよ。可愛いね。
ありがとう。本当に大好きだよ。

エンディーちゃんも〝お兄ちゃん〟が大好きだから。お兄ちゃん、タバコの吸い過ぎに気をつけて、しっかり食べてしっかり寝てくださいね。
お兄ちゃんの幸せが何より嬉しいはずだから。

あたたかい贈り物

あの子のママから贈り物が届きました。
なんということでしょう✨

優しさのかたまり。
選んでくれている光景まで浮かんできます。

「ちいさな家族のおくりびと」

感情で生きているような私ですから、一緒に泣いたり笑ったり、またその子の在りし日の姿を想像しほっこりしたりまた泣いたり、ご家族とのエピソードを文字にする時にまた涙。
〝プロ〟としてどうなの?
と呆れられそうな私ですが…。

こんな優しいプレゼントをいただく日がくるなんて。

この仕事を始めてよかった。きっと間違っていない、はず。

本当にありがとうございます!

ココちゃん、あなたのママさん、あなたに向ける優しさを、みんなに向けてくれるんだね。 そんなママに愛されてきたあなただから、どの表情もキラキラしているんだね。
全身に愛情をたっぷり受けて。

ココちゃんママ、ありがとうございます!

 

これからも、ご家族に悔いが残らないよう、ちいさな家族の旅立ちのお手伝いをしていきたいと思います。心を込めて、誠実に。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。
ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

公式ホームページ http://nijinokakehashi-poo.info/

ごはんよりも好きなもの。

子羊ちゃんに扮して凛々しいお顔の玉三郎ちゃん。
「いつもはこんな凛々しくないけど」
とお母さん。
玉三郎ちゃん、固まっているのね(○︎´艸`)

こんなに可愛い玉三郎ちゃん、元は保護された子でした。
5年前、愛護センターで運命の出逢い。

おっとりさんで、猫なのにちょっとどんくさい?
運動神経が…。
そんなところも可愛い玉三郎ちゃん。
可愛い声でおしゃべりし、ぷにっぷにのピンクベージュの肉球をもっています。

女の子みたいに可愛らしいけど、こう見えても男の子だかんな!

同居しているチワワのゴンちゃんとだって、なかよくできるよ!
一緒にお外眺めたり、遊んであげたりするんだよ!ゴンちゃん、ちょっとしつこい時もあるけどね。

ねぇ、お父さん、お母さん。
ぼくのこと大好きでしょ?
ぼくはもっと大好きだからね。
だから、最後までお顔見ていられて安心したよ。

健康に気遣ってくれてありがとう。
いっぱいおしゃべりしてくれてありがとう。
優しくしてくれてありがとう。
可愛いね、っていっぱい褒めてくれて、頑張ったねって言ってくれてありがとう。
ぼくのお父さん、お母さんになってくれてありがとう。

カツオのおやつもシーバも嬉しいけど、もっと嬉しいことがぼくにはあるから。

「こんな日が来るなら、もっと美味しいもの食べさせてあげればよかった。ずっと一緒にいたいから体に良さそうなもの調べて選んでいたから…。」

お棺には、普段あげたくでも我慢していたカツオのおやつやカリカリ、快復を祈り折った鶴、お気に入りのおもちゃ、お手紙も入れてあげました。

点滴の跡が痛々しいお手手には、ブルーのリボンを。

玉三郎ちゃんの綺麗な毛並みも綺麗な肉球も、華奢に見えて実は立派な体だったのも、お母さんたちの愛情とケアがあったからだと思います。最善を尽くしました。

姿はかわっても、きっとこれからも一緒に。

生まれてきてくれて、うちの子になってくれてありがとう。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう   公式ホームページ  http://nijinokakehashi-poo.info/

 

泣き虫きよちゃん。

あの子のお家にお呼ばれしてきました。

先月、四十九日を前に納骨を無事終えたご家族。
土に還してあげたい。
そんな想いから、分骨などはせず、ご家族で納骨してあげると決めていました。

 

あの日はスイカ畑にコロコロスイカが転がり、山も青々としていましたが、月日の流れを感じます。

あの子を見送って、2ヵ月経つのですね。

毎日ご飯を食べ、寝て起きてまた食事の用意をして…。寝ればまた明日が来るのに、あの子だけがいない。
アレルギーのあったあの子のご飯はいつも手作りでした。お散歩も毎日の日課。そして、最後の数日は抱っこしてお散歩しました。

「まだ毎日涙が出る…。泣き虫は治らないな。」

「あの子の介護をするって決めていた。ごはんもお水も手であげるし、お尻だって綺麗にしてあげる。なんでもしてあげたかった。なのに、潔くいってしまったな…。」

あの子の寝顔、よく覚えています。穏やかな綺麗なお顔でしたね。

「介護できなかったことだけが心残り。でも、苦しませたくなかったから良かったのかな。あの子が気使って自分で決めたのかな。」

初めての出逢いは、どこで遊んでいたのか、まさかの全身泥コーティング。なんて汚い…と息を飲んだと言います。それから15年。たーくさん笑顔をくれました。いつも家の中心にはあの子。家族全員が犬ばかさん。

また身振り手振り、泣いたり笑ったり、あの子の話を聞かせてくださいね。

豪華な手料理、手作りのデザートをご馳走になり、お庭で丹精込めて作ったというキャベツなどたくさんお土産までいただき、あたたかい時間を過ごしてきました。

あの子が眠っていたお骨つぼをお預かりし、その足で松本市寿北にある、生蓮寺さんへ。
供養していただきます。

「あの子にしてあげられることは全てしてあげたいから。」

シャハラザードちゃん、あなたは幸せ者だね。
安心しておやすみなさい。

芝犬MIXのシャハラザードちゃん。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。
ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう