最後まで見守ることが家族の務めだから。

夏の青空の下、あの子の旅立ちの準備をしました。

真っ白なお手手に黒い肉球、茶色くふわふわの大きなお耳。

ちょっと怖がりで繊細な性格。抱っこや撫でられるのはあまり好きじゃありません。

15歳。ちいさくて可愛いままだけれど、いつの間にかおじいちゃんになっていたんだね。

歯が弱くなり、内臓にも疲れが出ました。血尿も…。痙攣を起こし歯が抜けてしまった時は見ているのが辛かった…。この子が1番辛いはずなのに。代わってあげたい。

あの日、また痙攣を起こしました。代わってあげられるものなら…!

よくがんばったね。たくさん褒めてあげたい。病院が苦手なのに、一緒に行ったよね。

「痛い」とも「辛い」とも言わないから、どうしてあげたらいいかわからないこともあったけれど。

最後まで見守ることが私たちの務めだから。

私たちが先にいくわけにはいかないから。見守らせてくれてありがとう。看取ってあげられてよかった。ありがとう。

お弁当用意するからね。大好きなソーセージ、食べやすくしておくから。カリカリもおやつも入れておくからね。あの時抜けてしまったあなたの歯もちゃんと入れてあげるから、あとでゆっくり好きなだけ召し上がれ。

少ししかあげることができなかったアイスクリームもお口にちょんちょんしようね。

無口なお父さんがピースちゃんに持たせてあげたいというボールは写真にして持たせてあげました。

 

生まれてきてくれてありがとう

うちの子になってくれてありがとう

ちいさな体で頑張ってくれてありがとう

最後まで寄り添えてよかった ありがとう

もう頑張らなくていいんだよ

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

最後まで見守ることが家族の務めだから。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です