いぬとねこと人間と

「保護犬」「保護猫」という言葉を聞いた事がありますか?

「殺処分」という言葉を聞いたことがありますか?

保護犬、保護猫とは、誰かが手を差し伸べなければ殺されてしまう…人が救い出し、保護されて生きている犬、猫たちのことを言います。

元はそんな風に呼ばれるはずじゃなかった。

大好きな家族のもとで暮らしていたかもしれない。あたたかい家でフカフカのベッドで眠れていたかもしれない子たち。

だけど、棄てられた子たち。

この子たちの命をつなぐため、時間と労力を費やし、愛情をもって接し、本当の家族を見つけるという活動をしている方々がいます。

今度こそ幸せになって欲しい。

この日行われたイベントは、そんな活動をもっとたくさんの方に知ってもらうため、行われました。

猫のブース

こねこの会さん、譲渡型猫カフェもふもふさん、不幸な命を増やさないための活動をする方々、保護された乳飲み子たちを育ててくれるミルクボランティアさん、たくさんのボランティアさんが集まりました。みんな活動は違えど、想いは同じ。

猫が好き。猫たちを守りたい。

犬のブース

ゆめまるHAPPY隊さん、松本市のドッグサロンさん、ブリーダーさんがそれぞれの想いを胸にこの日集まりました。

ワンちゃんたちを保健所から引き取り本当の家族につなぐ。ゆめまるHAPPY隊さんには常に60頭程のワンちゃんたちが暮らしています。

幸せ掴んだ〝卒業生〟たち。そして支援してくださる方々からの贈り物。シェルターにはたくさんの犬、猫たちが暮らしています。この子たちがいつかここを卒業し、〝本当の家族〟の元で暮らせますように。

虹の架け橋ぷうは、旅立ちのお手伝いをさせていただいた子たちからお預かりしたフードやトイレシーツなどを、シェルターで暮らすたくさんのワンちゃん、猫ちゃんたちへお届けしています。

ちいさな命を守りたい。

みんな幸せになるために生まれてきたのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です