寒がりなあの子にお着替えを。

大きなお耳にくりくりお目目のりくちゃん。12年前、可愛い末っ子としてこのお家に来ました。

さつま芋や茹でた豚肉が大好き。アレルギーを持っているりくちゃんのために、ご家族が手作りしました。

りくちゃんと出逢うまで、ワンちゃんが苦手だったお母さん。今では信じられません。

あなたがいるのが当たり前に。もう家族だから。

ずっとずっと一緒に…。

でも、その日が少しずつ近づいてきました…。

病気がわかってから、甲府の病院までみんなで通いました。車が大好きなりくちゃん。少し遠いけど、大好きなお父さんの運転で、お母さんもお姉ちゃんも一緒だから怖くないね。病院でもよく頑張ってくれました。お姉ちゃんも、一生懸命介護しました。1日でも1分でも長くそばにいて欲しいから。

かけがえのない時間。

「この子にできることは何でもしてあげたい。」

 

食べられなくなったら、食べられるものを食べやすくしてあげるよ。

トイレに行けなくなったら、お母もお姉ちゃんもみんなでお手伝いするからね。だから安心して長生きしてね。

 

優しい子。

もっともっと、お世話させてくれても良かったのに。私たちはちっとも苦じゃないのに。

そっと静かに眠りにつきました。可愛いお顔のままで。大好きな家族に見守られながら。

旅立ちの日は遠くからおばあちゃん、おじいちゃんも駆けつけてくれました。みんなで旅の途中までお見送りします。

あなたに似合う明るい黄色やオレンジ色のお花、お母さんとお姉ちゃんの手作りお弁当。そして、お手紙を。

入れてあげたいものがたくさんあります。だけど、とっておきたいものもたくさんあります。

りんご模様の洋服は入れてあげよう。赤色もよく似合うね。

寒いのが苦手だから、帰ってきたら、あたたかいお着替えが必要だね。あなたのお手手から可愛くはみ出ている、愛おしい毛色に近い色。

りくちゃん、あたたかいね。あなたの事が大好きなお母さんからのプレゼントだよ。

生まれてきてくれてありがとう。

このお家に来てくれてありがとう。家族になってくれてありがとう。幸せたくさんありがとう。

ねえ、りくちゃん。あなたも幸せだったよね。

12年間の感謝の気持ちを込めて。   たくさんの「ありがとう。」

 

 

寒がりなあの子にお着替えを。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です