後悔しないために。

愛おしいペット(ちいさな家族)との別れ。

いつかきてしまうその日。

後悔している、という例をあげます。

 

○遺毛をとっておけばよかった。

○お棺にオモチャや好きだったごはんをあげてあげればよかった。

○お花を入れてあげればよかった。

○もっと写真を撮っておけばよかった。

○肉球の写真をとっておけばよかった。

○肉球のスタンプをとっておけばよかった。

○古いベッドやオモチャを捨ててしまった。残しておけばよかった。

○爪や牙をとっておけばよかった。(火葬後)

可愛いあの子の愛おしい毛、こんな日がくるなら、たくさん残しておけばよかった。明日も明後日も、ずっといてくれると思っていたから…。古かったベッドやオモチャ、あの子の匂いが残っていたのに、元気だったから捨ててしまった。

可愛い肉球の写真があれば、インクをつけてスタンプをとらなくても、フォトフレームやキーホルダーとして再現することもできます。

火葬してしまうともう出来ないから…写真として残しておけば、いつでもまた会えます。

 

みんなの足跡

メモリアルグッズ

 

後悔しないために出来ること。

 

長野県松本市 塩尻市 安曇野市のペット葬儀    ちいさな家族にありがとう 虹の架けぷう  は、ちいさな家族の供養はもちろん、ご家族の心のケアも大切だと考え、出来る限りお気持ちに寄り添い、後悔の残らない旅立ちのお手伝いをさせていただきます。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷうhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

後悔しないために。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です