ミニチュアヨークシャテリアのハニーちゃん

ハニーちゃんから命のバトン

お人形のような綺麗な毛とくりくりお目目のハニーちゃん。

ご自宅祭壇には可愛い写真、お花、ドライフード、たくさんのお水とおやつ、ぬいぐるみやオモチャ、ドレスが飾られていました。

ちいさなちいさな体で、15年も生きてくれたのは、ご家族からの愛情に包まれ、1人でお留守することもほとんどないという恵まれた環境で育ったからでしょうか。

甘えん坊で、お母さんが出かけるとものすごく鳴き、お母さんが帰ってくると窓から確認し、玄関にまわってお出迎え。

お母さんがキッチンにいると足元でチョコンと座るハニーちゃん。たまにうっかり蹴られてしまっても大好きなお母さんの近くにいました。

おばあちゃんとお留守の時は、しっかりおばあちゃんのお膝の上に。

小さい頃から一緒に育ったお姉ちゃん、お兄ちゃんとも仲良しでした。

縁があり今のお家に来て15年。大病をすることもなく、最後まで自分で歩き自分でごはんを食べることもできました。寝たきりにもならず、穏やかに眠りにつきました。

ちょっと潔く良すぎるくらい。

最後まで、手のかからない親孝行な子でした。

ハニーちゃん。幸せいっぱい抱えたまま、静かに眠りについたんだね。

ハニーちゃんのご家族から、フィラリアのお薬とオムツをいただきました。お預かりした〝命のバトン〟は、保護犬シェルターを運営する、夢まるHAPPY隊さんへと繋ぎます。

ハニーちゃん、ありがとう。

長野県松本市 安曇野市 塩尻市のペット葬儀             ちいさな家族にありがとう虹の架け橋ぷうホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/sp/index.htm

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です