熱中症に気をつけよう。ラジオで呼びかけてきました。

先日、諏訪湖ラジオさんの生放送に出演させていただきました。

厳しい暑さが続いています。

多くの方に知って欲しい。

ワンちゃん、猫ちゃんにとって、この暑さがどれだけ厳しいかということ。

私たちが「暑い」と感じる時、この子たちは「息苦しいほど暑さ」

私たちが「息苦しいほど暑い」と感じる時、この子たちは「命を落とすほどの暑さ」

毎年、多くの子が熱中症で命を落としています。

汗をかきにくく、体温調整が苦手です。全身を毛で覆われています。

この季節、日中のお散歩は、人が毛皮のコートを着て帽子をかぶり、マスクをして裸足で歩くと同じことです。

お散歩に出かける際は、アスファルトに直接触れ、温度を確かめてみてください。そして、こまめに水分補給を。

車でのお留守番は絶対にやめましょう。

エンジンを止めた車内はすぐに高温になります。ペットボトルの水がぬるくなり、口紅が溶ける。そんな車内では、窓が開いていようとお留守番させることは絶対にやめましょう。

室内の温度や湿度に気をつけてください。

実は先日、我が家の猫が熱中症と思われる症状になりました。

超のつくほど臆病な子を病院に連れて行った帰り、自宅でです。

臆病なため、同居猫も一緒に1つのキャリーに入ってもらい病院へ。心配していた病気などはなかったのですが、問題はそのあと起きました。

仕事が入ったため、帰宅してキャリーから出してそのまま外出して戻ると…。明らかに衰弱していました。よほど怖かったようで、畳んである布団にもぐり、水分も摂っていなかったようです。

リビングはエアコンを、寝室は脱走対策を施した窓を開け網戸に。それでも布団にもぐっていたとしたら、どれだけ暑かったかと思います。

気をつけていても足りないことがあります。幸い一命を取り留めましたが、こんなことは二度とあってはいけない。私も一層気を引き締めて、この子たちを守らなければいけないと思いました。

熱中症にかかってしまったら

それと疑う症状がみられたら

涼しい場所に移動する。常温の水で体を冷やす。首や脇の下などを保冷剤や濡らしたタオルで冷やす。お水を飲ませる。もしもお水を飲まなかったら、スプーンや手で飲ませる。あればシリンジなどで飲ませる。冷たい風を当てる。病院へ連れて行く。

呼吸が早くなる。下痢や嘔吐の症状が出る。よだれが止まらない。震えが出る。痙攣を起こす。意識の消失。かなり重い症状です。一刻を争います。

明らかに元気がなく、自力でお水を飲むことができない様子だった我が家の猫には、経口補水液を水で薄めたものを少しずつ飲ませました。

それから液体おやつを水で薄めたものを少しずつ飲ませ、徐々に量と回数を増やしました。

これはまだ、軽い症状だったのだと思います。

それでもいつもの元気さを取り戻すのに1週間かかりました。

 

熱中症は予防が大切

 

まだまだ暑い日が続きそうです。そして、来年もまた再来年も夏がきます。

 

少しの油断が取り返しのつかないことに。後悔しないためにも。この子たちを守れるのは私たち家族だけです。

 

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です