しろちゃんのお見送り

「元気がなくなり、その日が近いようです…。その時がきたらどこまでお任せできますか?」

お話を伺うと、もしもの時は立ち会えないかもしれないけれど、火葬し合祀墓へのご納骨までを望んでいるとのことでした。

 

それから約1ヶ月。

ご家族みなさんの献身的な介護の末、静かに眠りにつきました。

ご事情により、ご自宅からお見送りされることになり、お迎えに伺いました。

ご家族がお立ち会いをされない〝一任個別火葬〟の〝おまかせプラン〝

本来こちらのお見送りプランにはお花などは含まれておらず、お迎えに伺いお棺にお体を移し、お預かりし火葬、収骨をさせていただきご家族の元へお帰しします。

ですが「たくさんのお花で包んで送ってあげたい。」とご家族のご要望があり、いったんお体をお預かりし、お見送りする当日にお花で包むことになりました。

お迎え当日、ご家族にとってはこの日がお体に触れられる最後の日となります。

可愛いお手手の肉球はスタンプをとり、白い毛、黒い毛はそれぞれ少しずつお切りしました。

いつものごはんと、新聞に掲載された笑顔のしろちゃんの記事と、お孫さんからのお手紙をお棺に納め、お顔にかけてあげるハンカチをお預かりしました。

優しく撫でてもらい、声をかけてもらい、お別れをしていただきました。

 

そして迎えたしろちゃんお旅立ちの日。

「淡くて優しい色の花を。」

お花畑で眠るお姫様のようなしろちゃんと出発しました。

斎場で、ご家族とLINE動画でお話し、しろちゃんを見ていただきました。

「行ってらっしゃい。またね。」

大好きなご家族に声をかけてもらい、ご家族の匂いのするハンカチに包まれて、お空へ。

1時間後、ご遺骨をしっかり収めさせていただき、お寺へ。

この日、ご納骨までさせていただきました。

松本市和田の観音寺ご住職に読経をあげていただき、観音様の姿をした合祀墓へ。

冷たい雨の降る中、手を合わせ、お納めしました。

 

家族として最後まで大切にされてきたしろちゃん。

いつもどこにいてもキミが幸せでありますように。

 

後日、1冊のフォトブックをお届けに伺うと、「ほかの猫ちゃんたちへ。」

とお預かりしました。ご家族がしろちゃんのためにご用意されたフードは、シェルターで暮らす猫たちへお届けしました。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttps://nijinokakehashi-poo.info/

トイプードルのカイトちゃん

お客様からのお言葉

昨日はお別れ葬ありがとうございました。
家族にとってとてもよいお別れ葬になりました。
また本日もありがとうございました。

ぷうさんにお願いして本当に良かったと思っております。
写真も素敵に作って頂きありがとうございました。

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttps://nijinokakehashi-poo.info/

 

あの子は寒がりだから。

「そろそろ納骨してあげたい。あの子は寒がりだったから、もう少し暖かくなってから。」

あの日、「棺はいりません。他の子のために使ってください。見るのも触るのも辛いからこのまま連れて行ってください。」

そう言って最後のお別れを済ませたあの子のお父さん。

あれから数ヶ月。一通のメールが届きました。

桜も今年のお役目を終え季節外れの雪ももう降らないだろう。寒がりなあの子をゆっくり眠らせてあげたい。

それぞれのお見送りの形。

大げさなことはしたくない。あの子の生きた証であるお骨がきれいに帰ってきたらそれでいい。

そして、ゆっくり眠らせてあげられたら。

言葉は少なくても伝わってくる想い。

「他の子たちに使ってください。」

そう言って預けてくださったフードは、あの子とお父さんが腎不全と闘ったこと、1日でも長く生きて欲しい、と手を尽くされたことが伝わってくるものでした。

茶ちゃん、きっと幸せだったね。お空のみんなに自慢できるお父さんだね。また逢える日までゆっくりお休みなさい。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

【一任個別火葬】

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

 

 

 

 

今だけ泣かせて。

虹の架け橋ぷうでは、どうしてもご都合がつかないご家族に代わり、お迎え〜火葬、収骨までさせていただきご自宅へお帰しする〝おまかせプラン〟があります。

あの日、あの子を抱え扉を開けると、同居ワンコのれんくんがジャンプ、ジャンプで熱烈な歓迎をしてくれました。

炬燵でみかんをいただきながら、パパさんとおばあさまとあの子の話を。

おとなしくて賢くて手のかからない子。1回もトイレの失敗をしたことがありません。毎日寝るときはパパさんと一緒。

「誰にでも懐く子ではなかった。自分にだけ甘えてくる可愛い子。」

ボイルした笹身が1番好きだった。

カリカリもパウチも好きでいつもしっかり食べていた。

「いい子だったね。でも、襖をカリカリして参ったこともあったね。」

 

前日、もなかちゃんにお別れを言いました。お仕事の都合上、夕方にならないと体が空かないということでした。

もなかちゃんをお預かりする時、もう一度顔を見てもらいました。

男泣きするパパさん。

 

「今だけ泣かせて。」

 

「よし。もう大丈夫。お願いします。」

 

ちゃんと送ってあげられたから笑顔で話せる。 これからもずっと。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

お母さんのところにお帰りなさい。

先日のこと。

「収骨しません。辛いから。お骨もいりません。」

虹の架け橋ぷうでは〝おまかせプラン〟があり、収骨されないご家族に代わり、お迎えから火葬、収骨をさせていただきご自宅へお帰ししています。

お迎えに伺うと、外に段ボール。嫌な予感は的中し、そのままお預かりすることになりました。

 

「もう1度お顔見られますか?」

「辛いから顔も見たくない。」

 

とてもやり切れない気持ちを引きずりながら火葬場へ。

可愛いお顔を見て撫でてから送ろうと紐をほどき、ガムテープを剥がして開けると、そこには…。

お母さんからの手紙と液状おやつが一緒に納められていました。

思わず涙。

〝それぞれのお見送りの形〟

 

そう。冷たいわけではない。愛情がないわけでもない。

むしろ愛おしいから。

 

私は大切な家族をお預かりして旅立ちを見届ける。ご家族の想いに寄り添うなんて簡単なことではないけれど、いつも〝気づき〟があり、自分の薄っぺらさにがっかりしながら、日々成長させていただいています。

 

 

「お骨、やはりください。」

 

やっぱりお家がいいね。

お母さんのところにお帰りなさい。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

パパのTシャツに包まれて。

仕事、子育て、毎日の家事。忙しく生きる私たち。そんな私たちにいつも無垢な愛情をくれる子。

8年前、保護施設から迎えた与作くん。足が長くてスタイルが良く、キリッとしたお顔にグリーンの瞳。

もう、6歳くらいの成猫でした。

仔猫から一緒にいなくても、懐くのです。夜眠るときは、パパかママの腕枕で。

うーんといい子で優しい子。

 

大きな病気をすることもなく、あの日まで、居てくれるのが当たり前だと思っていたけれど……。家族みんなが見守る中、眠りにつきました。

パパ大好きな与作くん。パパの着ていた服の上で眠るの好きだったよね。

今日は脱ぎたてのパパのTシャツで包んであげるね。

またたび棒とおやつも持って行ってね。

 

お花も用意したよ。

ごめんね。お見送りはここまでなの。

パパはお仕事、ママはお姉ちゃんたちと一緒にお留守番しているからね。でもここにいるから、祈っているから、安心して行ってらっしゃい。そして、姿は変わってもずっと家族だから。ここで待っているからね。

虹の架け橋ぷうのおまかせプラン

【一任個別火葬】

お忙しいご家族に代わり、お迎えに伺いお別れをしていただき、火葬、収骨までさせていただきます。

ご家族の人数分、お線香を手向けました。

「犬歯が残ってくれたら、分骨して欲しい。」

同日、与作くんをご家族の元へ。

「とってもしっかりしたお骨でしたよ。足が長くてびっくりしました。喉仏も犬歯もしっかり綺麗に残ってくれました。」

私にしか伝えることができないから。しっかり伝えさせていただきました。

「足長くてイケメンだったからなぁ。」

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

 

 

 

 

 

お見送りの形 それぞれの選択。

深夜に1本の電話が。

うちの子が今亡くなりました。どうしたらいいんでしょう?

虹の架け橋ぷうは24時間電話対応をさせていただいています。「今しか出来ないこと」

があるからです。また、ご家族の不安なお気持ちが少しでも和らぐよう、なんでもご質問にお答えします。

それぞれのお見送りの形

「収骨するのは辛すぎる。可愛いままの姿を思い出したいから、火葬はよろしくお願いします。」

「出来るだけ早くお願いします。この暑さが心配。この子の姿を見るのが辛い…。」

夜が明け、お迎えに参りました。

虹の架け橋ぷうの〝おまかせプラン〟

「お花やいつものごはんなど、持たせてあげたい物がありましたら、ご用意くださいね。おもちゃは…拝見させていただき判断させていただきますが、紙製や薄手の布製、ちいさなおもちゃでしたら持たせてあげられるかもしれません。」

竹製のちいさなおもちゃとお花、クッキーをご家族の手で近くに添えていただきました。

13時頃、良かったら手を合わせてあげてくださいね。

ではそろそろ行こうか。アリスちゃん。

ご家族が見送る中、出棺です。最後のドライブが私とでごめんね。でも、ちゃんとみんなが見守ってくれているからね。

生まれてきてくれてありがとう。無垢な愛情をありがとう。うちを選んでくれてありがとう。

またいつか逢える日までゆっくりおやすみなさい。

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

【一任個別火葬】

一任個別火葬とは、火葬、収骨(お骨上げ)に立ち会わず任せることを言います。

その子だけを火葬するので、返骨が可能です。葬儀会社によっては、ご希望されない限り返骨なし…という場合もあります。

大切な家族だから、姿が変わっても家に帰って来て欲しい。一任個別火葬をされる場合は必ず葬儀会社にご確認ください。

虹の架け橋ぷう の〈おまかせプラン〉は一任個別火葬です。ご連絡をいただきますと、ご自宅にお迎えに参ります。

掛け、敷き布団、枕、お棺を持って伺います。お骨つぼ、骨つぼ覆いも料金に含まれています。特別な事情がない限り、〝ちいさな家族〟のお骨は全て納めご自宅にお帰しします。

 

出棺する前に、しっかりお顔見てあげてください。

お花を入れてあげたい場合はご用意ください。茎をカットしていただくと、たくさん入れてあげられます。いつものごはんやお気に入りのオヤツなどがあれば紙コップや紙皿などに入れてご用意ください。オモチャについては、お遺骨を綺麗に残すために、持たせてあげられるもの、あげられないものがあります。

詳しくはこちら虹の橋へ旅立ちの準備

お手紙や家族写真、折り鶴など、少量でしたら持たせてあげることができます。

お棺に全て納め、最後のお別れをしていただき出棺となります。

ちいさな写真立てをお持ちします。お写真があればご準備ください。携帯電話にしか入っていない…という場合、ご希望があれば写真に現像しお渡しします。

〝ちいさな家族〟の居場所の確保をよろしくお願いいたします。いずれはお庭に…もしくは〝ペット専用墓地〟に埋葬されるとしても、ゆっくりご家族でご相談いただき決まるまではお家に安置されるご家族が多くいらっしゃいます。

この日立ち会うことの出来ないご家族の分もお線香を手向けさせていただき火葬となります。

お骨上げも同スタッフが丁寧にさせていただきます。〝分骨〟をご希望される場合は事前にお申し付けください。専用のカプセルやネックレスをご用意させていただきます。

分骨カプセル

分骨カプセルネックレス

大切な家族だから最後まで愛を込めて

虹の架け橋ぷう 安心の〈おまかせプラン〉

 

 

お見送りの形 それぞれの選択。

お母さんのところにお帰りなさい。

あなたの元気な姿を胸に。

それぞれのお見送りの形。

ぼくのボール。

16年分のリリーちゃん用品。

桜吹雪に包まれて。

あの子とドライブ。

ぶどう畑からしばしの別れ。

家族三代で見送りました。

チワワのくーちゃん。

シェルティーのチャコちゃん。

 

立会個別火葬は虹の架け橋ぷう セレモニー

家族三代で見送りました。

お兄ちゃん、お父さん、おばあちゃん。車が見えなくなるまで見送りました。

ナデナデされるのが大好きなもふもふのチャロちゃん。

「お花やオヤツ、お手紙も持たせてあげられます。もし良かったらご用意くださいね。」

きちんと並べられたお花、オヤツ。手紙は読めないから…。

穏やかで優しいお顔。

手紙は書かなくても、きっとあなたに伝わっている。

生まれてきてくれてありがとう。

うちの子になってくれて、今日までいっぱいいっぱいありがとう。

開けた窓から初夏の空気が気持ちいいね。少し遠回りし、アルプス公園をぐるっと周って。

行ってらっしゃい。またいつか、ね。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

桜吹雪に包まれて。

虹の架け橋ぷうのおまかせプラン

ご家族の代わりに旅の途中までお見送りさせていただきました。

可愛らしいお花と、大好きなカニカマ、喉が乾かないようにとお水を含ませた脱脂綿はお口の近くに。

おうちの庭からはチューリップを。

車が見えなくなるまで見送るご家族。

14年間たくさんの幸せをくれたあなた。

少し時間に余裕があったので、桜吹雪の舞う中、窓を開けた車でゆっくり走りました。

おばあちゃんの抱っこ、膝の上でくつろいだり、お母さん、お姉ちゃんたちにも可愛がられてきたんだね。幸せだったよね。

姿はかわっても、ずっとみんなの心の中に。忘れないよ。

 

行ってらっしゃい。

またいつか、ね。