初めてのわんことの暮らし

 

私事ですが、身内のわんこを預かることになり、6日間でしたがわんこと同居していました。

私は30年以上、猫と暮らしていますが
わんこのいる暮らしは初めてでした。

この仕事を始めてからというもの、猫だけではなく
わんこ、うさぎちゃんや鳥さん、ハムちゃん、みんなそれぞれ可愛いと知り、猫好きから生き物(虫を除く)好きになった私ですが、自分の年齢や生活環境などから、わんことの暮らしは夢にまで見るけれど非現実的なものでした。

それが今回うちでお預かりすることになり、準備をすすめ、始まりました!わんことの暮らし。

わんこの名前は〝ちぃちゃん〟6歳の女の子です。
ちぃちゃんの自宅で環境を確認、いつものお散歩ルートを一緒に周りました。
そして、迎える準備としてまずは我が家の猫たちと会わないよう対策をしました。
リビングにサークルを置くと決め、猫ドアを封鎖し、普段開けられる引き戸の対策を。
カーペットで粗相することがあると聞き、ホットカーペットなどを片付けました。
元々ある見守りカメラを設置しひとまず完了。

夏用のメッシュ素材の洋服、スタイはおやつを食べる時に毛が汚れないように購入。
可愛い服は着ている姿を見たくて購入。
サイズを間違え再購入。

お散歩帰りのケア用に
玄関にタオルやウェットティッシュ、ブラシや
日傘などを準備しました。

そしてお預かり初日。
可愛いもふもふがやって来ました!

パパと子供たちに連れられ知らない家に来たちぃちゃん。
明日から歩くであろう近所の道を、まずはみんなでお散歩。近くの小さな公園まで行きました。
知らない場所でも大丈夫そう。
初めて電車を見ても、その轟音にも驚く様子がなくひとまずホッ。

ついに家族としばしのお別れです。
車に乗り込んだ子供たち。
「ちぃちゃん、元気でね。ちぃちゃんをよろしくね。」

5歳の女の子がしっかりしている!
「安心してまかせてね。またみんなのお家に帰るからね。」

そして我が家に。
ようこそ、ちぃちゃん。
よろしくね。

さて、ごはんにしよう。
預かったいつものごはんだよ!
って、食べない!全然食べない(汗)
初日だし緊張しているよね。
ちぃちゃんパパに連絡。
食べなければ下げていいよ、って本当?心配(汗)

ビスケットなら食べる?
ひとつのビスケットをサークルに持ち込み食べるちぃちゃん。
心配だ(大汗)

カメラチェック。起きてる〜!
ちぃちゃんパパに連絡(滝汗)
部屋が明るいと眠らないかもとのことで、消灯。
眠れないかな?寒いかな?暑いかな?

なんてことだ。
心配すぎる…!

温度計を確認。小さな遠赤外線ストーブを出してみた。
カメラチェック。もう夜も深いし眠っているかな。
って起きてる(涙)

しばし、ソファーに座り、膝の上に。
手をぺろぺろしてくれるちぃちゃん。
可愛い(涙)

さて、寝ようか!
数時間後、カメラチェック。起きてる〜!
温度計を確認、エアコンをつけ、うちの猫用のもこもこ服にお着替え。
テントタイプのベッドは入らなかったので、猫用ベッドに預かったパパの匂いつきタオルを敷いたもの、どう?
ドキドキ…
もう朝だ。

お散歩行ってウン○して、ちいさなあんよを拭いて、しばし私の手をぺろぺろ。
仕事行って来るね!

 

って鳴いてるー!
寂しそうな声…ごめんね(涙)

なんてことだ。世の中の、わんちゃんと暮らすご家族はこんな感じなのだろうか?
我が家の猫たち(3匹)を置いて出かけるときよりも胸が痛む。 暑い、寒いも気にかけてはいるけれど、ここまでじゃない。
トイレ掃除と新鮮なお水とごはんを用意して、時々爪を切ったりブラッシングしたり、気になることがあれは病院で受診はするけれど、お留守番中はだいたい寝ているし。

仕事中も気になり、時々カメラチェック。
見守りカメラ、ありがとう(涙)

 

真っ直ぐ帰宅。
車から降りると、鳴いている…!ひとまず元気だね。ホッ
さみしかったね、ごめんね!
風は強いけれど気温は高くなったので、薄手の服に着替えてお散歩。
ふぅ。

さて、今夜はごはん食べようね!
って数つぶのカリカリしか食べない(汗)
前日食べたビスケットを細かく砕き、カリカリと混ぜ混ぜ。どうだ!
…ビスケットだけ食べたね(涙)

初日の様子をパパに報告。
写真と動画を送り、引き続き室温などを気にしながら
ほぼリピート…(滝汗)

心配すぎるわんことの暮らしは続く。

初めてのわんことの暮らしはドキドキ心配しっぱなしでしたが、しっかり自分も楽しみ、ちぃちゃんの最高の笑顔も見ることができました!

わんことしてみたいこと
①ドッグランで遊ぶ
②カフェに行く
どちらも叶いました。

お預かり3日目の夜、ささみふりかけをカリカリに混ぜたところ、初めて完食(ホッ)
夜も眠れているようで安心。
毎朝のお散歩ではうん○をして、おりこうさん。

4日目の朝には決めていました。
今日仕事が終わったら準備して行こう!

松本市にある『ワンちゃんと飼い主さんの憩いの場』
@one_s_room_440 さん
カフェコーナー、ドッグランもあり、なんと言っても可愛らしい看板わんこたちと会えるのが魅力的。
シーズーのししまるくん、ふくまるくん
9ヶ月のちょんまげちゃん、なみ平くんと会うのはこの日が初めてでした。
みんな、ちぃちゃんとお友達になってくれるかな?

可愛いお客様もいる🤭
ちぃちゃん、初上陸。
みんなわらわらと寄って来てくれまずはご挨拶。
ちぃちゃんは隅っこでぬいぐるみ状態。
でも穏やかな子ばかりで、徐々に慣れていき、ついにランデビュー!
みんなのパパやママにも撫でてもらい抱っこしてもらい
「可愛い、可愛い!」と言ってもらいご満悦。
名前を呼んだら最高の笑顔で走ってきてくれました!

すっかりママ気分で、ちぃちゃんが嬉しそうだと私も嬉しい!
楽しかったね、ちぃちゃん。
後日、 @one_s_room_440 さんのポストにちぃちゃんを載せていただき、良い記念になりました。

予定では翌日の夜、お迎えが来ることになっていましたが、1日延長になり、もうひとつの夢も叶えられそうです。
ランデビューの翌日は大雨。朝と夕方のお散歩はそこそこにしてゆっくり疲れをとってもらうことにし、最終日にカフェデビュー。
松本市にある、テラス席で一緒にのんびりできる
#ajaricafe さんへ。


初めてのお店なので様子がわからず、日陰がなかった場合を考え日傘と、ペットボトルのお水とささみふりかけと紙皿を持参しました。
仕事帰りでお腹ぺこぺこ、アジャリバーガーとすっぱいレモネードを注文。
そこでようやく気づきました。
ひとりで食べるのは胸が痛むこと(涙)
ちぃちゃん、ふりかけだけでごめんね!
テーブルと椅子を拭いてから退店しようとしていたら、店主さんが出てきてくれ、たくさん撫でてもらいました。
ちぃちゃんはお預かり中で、6歳で今の家族ができたことを話すと、さらに撫でてくれ、「よく頑張ったね。えらいね。これからたくさん楽しもうね。」と優しく褒めてもらいました。

さて、この日は朝からうん○をしていないから、これからお散歩しよう!
この日は快晴。アスファルト、うーん熱い。
では草の上を歩けそうな大きい公園に行ってみよう!

 

#芳川公園

中に入るのは初めてでしたが思っていた以上に広く、日陰がたくさん、噴水もあり、ハスキーさんが水遊びしていたり、ちいさな子を連れたご家族も多く、人が大好きなちぃちゃんは自分から進んでリードを引っ張り人のいるところへ。
ちいさな子が怖がらないよう細心の注意を払いご挨拶を。

ちぃちゃんはここでもたくさん撫でてもらい「可愛い、可愛い!」と言ってもらい嬉しそう。
ママも嬉しいよ!
と完全にママ気分。

お預かり最終日はたくさん遊び、家でしっかり休んでもらい、夜にはパパがお迎えに来ました。
パパの姿を確認すると、さすがに嬉しそう!
6日間、お疲れさま。
毎日お留守番中は寂しい思いをさせてしまったけれど、引き戸を自分で開けちゃうくらい、自分から猫たちの方へ行こうとするくらい、馴染んでくれました。

強風に大雨、10度まで下がった日、28度にまで上がった日もあり、心配は尽きなかったけれど
規則正しい生活と、ドキドキワクワク、ママ気分も味わえ幸せな6日間でした。

猫たちも協力してくれてありがとう。

ちぃちゃんはにこにこ笑顔でパパと自分のお家に帰って行きました。

思った以上に心配症だと自覚しましたが、
「もしもリードが外れてしまったら。もしも拾い食いしてしまったら。もしもおやつを喉に詰まらせてしまったら。もしも○○だったら。」
常に緊張しているのは私の方でした。

すっかり長文になりました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ちぃちゃん、またお泊まりしにきてね。次はもっとベテランママになるからね!

#ポメラニアンのちぃちゃん

 

可愛いまま、綺麗なままの姿で送ってあげたい

ご安置される際にご心配なご家族にご拝読いただけたらと思います。

 

インコちゃん、ハムスターちゃんの様に小さなお体の子

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、もしくはそれ以上お日にちがある場合】

 プラスチックや木製、紙製の箱に布を敷きお体を寝かせてあげます。小さな保冷剤をハンカチやタオルなどの薄手の布で包み、お体の下に敷きます。そのとき頭の位置がお体より下がらない様に頭の下にタオル等を小さくたたみ、枕にします。お体の上にも布を掛けます。保冷剤は溶けてしまう前に新しいものと換えます。

※大きな保冷剤はお体を凍らせてしまいます。ご火葬が当日、もしくは翌日の場合、また室内が10度以下の場合は必ずしも保冷剤が必要とは限りません。4日以上お日にちがある場合は箱の中全体が冷えるように、小さな保冷剤をお体の周りにも置きます。

うさぎちゃん・猫ちゃん・4〜5Kg位までのワンちゃん(細身の子)

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、お日にちがある場合】

 季節にもより異なりますが、暖かい季節はエアコンなどで室温を出来るだけ下げます。とは言うものの、いつも過ごしているお部屋で一緒に過ごしたいですよね。ご家族のご体調に障らない涼しい温度を保ってください。お体に陽が直接当たらないようにカーテンを閉めます。保冷剤や氷、凍ったペットボトル等でお体を冷やします。このとき、直接お体に触れないようにタオルや裏返しにしたペットシーツで包み、お腹と頭の下、お腹の横や上にも当てます。お体より頭の位置が高くなるようにタオルやペットシーツで作った枕にに寝かせてあげます。さらにバスタオルかブランケットでお体を覆います。保冷剤は溶けてしまう前に新しいものと交換する必要がある場合、冷凍庫にご準備ください。

【亡くなってしまってからご火葬まで3日以上お日にちがある場合】

出来る限り室温を下げてください。室温を下げることが出来ない場合、大きな箱や発泡スチロールに寝かせてあげ、上記のように保冷剤などでお体を冷やします。

うさぎちゃん・猫ちゃん・4〜5Kg位までのワンちゃん(ぽっちゃり体型の子)

出来る限り室温を下げてください。室温を下げることが出来ない場合、大きな箱や発泡スチロールに寝かせてあげ、上記のように保冷剤などでお体を冷やします。

 

5Kg〜10Kgまでのワンちゃん(細身の子)

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、お日にちがある場合】

出来る限り室温を下げてください。室温を下げることが出来ない場合、大きな箱や発泡スチロールに寝かせてあげ、上記のように保冷剤などでお体を冷やします。大きな箱や発泡スチロールがご用意出来ない場合、断熱シートをお体の1番下に敷いたり、お体の上にも掛けてあげます。かなりの細身の子でしたら、このご安置の方法でもじゅうぶんです。

【亡くなってしまってからご火葬まで4日以上お日にちがある場合】は下記の(ぽっちゃり体型の子)をご覧ください。

5〜10Kgまでのワンちゃん(ぽっちゃり体型の子)

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、お日にちがある場合】

出来る限り室温を下げてください。室温を下げることが出来ない場合、保冷剤等に加え、ドライアイスがあると安心です。1Kgのドライアイスを用意し、低温火傷に気をつけながら紙で包み、さらにタオルかペットシーツで包み、お腹の上に置きます。上記のように包んだ保冷剤なども併用します。

【亡くなってしまってからご火葬まで4日以上お日にちがある場合】は下記の(10Kg以上の子)をご覧ください。

10〜20Kgまでのワンちゃん

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、お日にちがある場合】

出来る限り室温を下げてください。大きな箱や発泡スチロールに寝かせてあげ、上記のようにドライアイスと保冷剤などでお体を冷やします。痩せ型の子には2Kgのドライアイスを1つ、ぽっちゃり体型の子にはそれを2つ使います。大きな箱や発泡スチロールがご用意出来ない場合、断熱シートをお体の1番下に敷いたり、お体の上にも掛けてあげます。

2〜3日以内に送ってあげられるといいのですが、それ以上お日にちがある場合は1〜2Kgのドライアイスをお腹の横にも置きます。

20Kg以上のワンちゃん

【亡くなってしまってからご火葬まで2〜3日、お日にちがある場合】

出来る限り室温を下げてください。大きな箱に寝かせてあげ、上記のようにドライアイスと保冷剤などでお体を冷やします。痩せ型の子には2Kgのドライアイスを2つ、ぽっちゃり体型の子には3つ使います。大きな箱がご用意出来ない場合、断熱シートをお体の1番下に敷いたり、お体の上にも掛けてあげます。室温を下げることが出来ない場合、凍らせたペットボトルや保冷剤をお体の周りにも置きます。ドライアイスは冷凍庫などで保管することが難しく、無くなる前に追加で用意します。小さくなったドライアイスに足して使います。すぐに使わずに数時間保管される場合は、出来る限り空気に触れないように発泡スチロールやクーラーボックスに保管します。新聞紙や保冷剤を隙間に入れ、蓋をし、密閉します。発泡スチロールは蓋と本体の隙間がないように養生テープなどでしっかりと固定します。

ドライアイスを使用しても、夏場であれば2〜3日中に、送ってあげることをおすすめします。

 

可愛いまま、綺麗な姿で送ってあげたい。でも1日でも長くこの子に触れていたい。

お仕事などのご事情で数日先までご都合がつかない。

ご相談ください。虹の架け橋ぷうでお見送りのお手伝いをさせていただく場合、ドライアイスの手配や、早めにお棺をお届けするなど対応させていただきます。また、どうしてもご都合がつかない場合は【おまかせプラン】がございます。お話を伺い、出来る限りお手伝いさせていただきます。

たった一度のお見送り 悔いが残りませんように。

ドライアイスの有効な使用方法

ドライアイスによる二酸化炭素中毒にご注意ください

ドライアイスをご使用中は時々、部屋の換気をなさってください

 

 

保冷剤をペットシーツで包む

 

枕をつくる

 

ご安置後のイメージ

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

どんぐりの分骨キーホルダー

どんぐりの分骨キーホルダー

1,320円(税込)

 

お散歩が好きなあの子

コロコロ転がるおもちゃが好きなあの子

木の実が好きなあの子

まるで本物のような可愛らしいどんぐりに小さなお骨を収めていただけます。

紫、銀、赤、金、ピンク色の鈴かクローバーのチャームがお選びいただけます。

 

 

乳歯やお爪、毛を収めていただくこともできます。

 

 

【サイズ】約縦3.1cm 横2.2cm

【内部サイズ】約1.3cm

【素材】木

お爪、歯、尻尾の先や指先などの小さなお遺骨を収めていただけます。

ステンレスやアルミではなく温かみのあるカプセルをお求めのご家族におすすめの分骨入れです。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

信楽焼分骨入れと置き物

信楽焼置き物

分骨入れは底に直径1cm弱の空間があり、小さなお遺骨をお収めいただけます。

13,200円(税込)

ご注文いただいてからお渡しまで8ヶ月程度のお時間をちょうだいします。

 

ご注文の手順

•お写真をご準備ください。

正面、横顔(左右)後ろ姿等目の色、毛色、特徴のある模様、尻尾などのわかるお写真を数枚ご準備ください。

•ポーズ お座り 伏せ 立ち姿など お伝えください。

•オプションで首輪やバンダナを着けることも可能です。ご希望の愛用品がありましたらお写真をご準備ください。

※首輪、バンダナ(無地) 1,320円

※模様あり 別途(応相談)

 

お家に帰った子たちのご紹介

トレビちゃん

 

クッキーちゃん

 

ムックちゃん

 

もこ太ちゃん

 

福ちゃん

 

ちゃー太ちゃん 

※オプションで壁をガリガリするポーズ

+3,300円

 

〝伏せ〟のポーズ

 

〝香箱座り〟

 

分骨入れ 

底はこうなっています。猫ちゃんや小型のわんちゃんでしたら、小さな歯や爪、尻尾の先などが収められます。大きなわんちゃんでしたら爪や小さな歯の欠片などが収められます。

 

 

笑顔の可愛い福ちゃん。毎年ご命日には寺院で法要を執り行い、そのあと個室のあるお店でお食事をします。もちろん小さな福ちゃんも一緒です。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

https://nijinokakehashi-poo.info/

天使のちっくたっく

天使のちっくたっく

お写真からお作りするガラス製の掛け時計です。ガラス製の時計盤を抱く形でお作りします。

 

時計盤はお好きなお色をお選びいただけます。

 

黒柴のとみ雄くん

 

ポメラニアンのショコラちゃん

 

すぐにお使いいただけるように単三電池はセットになっています。

お顔写真、毛色のわかるお写真、尻尾、肉球のお写真をお送りください。

お渡しまで1〜2ヶ月お時間をちょうだいします。

これからも一緒に時を刻むよ!

 

天使のちっくたっく

25,000円〜(税込・送料別途)

 

 

こんな世界があったら

先日、松本平で見えた虹の橋。

あの子たちは、今どんな世界にいるのだろうか。聞かれたことがあります。

あの子は今どこにいますか?

答えることはできませんでした。でもその場にいらしたご住職がおっしゃいました。

「私たちが忘れない限り、これからもずっと心の中にいる。」

忘れない。忘れたくない。

でも時間は流れていくし、私たちはずっとそこにいることはできません。

それにあの子もきっとそこに大切なご家族が止まっていることを望んではいないはず。

時間がどれだけかかっても、少しずつ少しずつ

あの子が大好きなご家族のいつもの笑顔が見たいはず。

 

こんな世界があったら。病気や空腹とも無縁のキラキラした世界。そこにはみんながいる。

どの子もみんな幸せに満ちている。

誰も、誰かのことを責めたりしない。

お母さん、自分を責めないで。お父さん、心配しないで。お兄ちゃん、お姉ちゃん、これからも続く長い人生笑って過ごしてくれたらそれが1番嬉しいんだよ。

 

 どこにいても、今もこれからもずっとずーっとキミたちが幸せでありますように。

 

リーフレットのリニューアルに伴い、イラストを一新しました。モデルになってくれた子たち、ご家族のみなさまありがとうございました。

 

虹の架け橋ぷう

https://nijinokakehashi-poo.info/

そうと見えないお骨つぼカバー

可愛い!手編みのお骨つぼカバー

作家さんが丁寧に編んだ可愛くて美味しそうなお着替えです。

野菜シリーズ

メロン・トマト・レモン

 

果物シリーズ

文旦・いちご・青りんご

※オプション みかんの花・てんとう虫も可愛い

 

カラフルなりんごたち

 

洋梨・りんご

 

鳥かご

※こころん(分骨入れ)は含まれません。

 

どんぐり・ひまわりの種

※こころん(分骨入れ)は含まれません。

 

なかなか手離すことのできない大切な子。

時間と共に、いかにもお骨という見た目よりも可愛いもの、肌触りのいいものにお着替えしてあげたい、というご相談が増えてきています。

あの子の好きだった果物のお着替え、あの子に似合う可愛いお着替え。

手を合わせることも大切ですが、あの子が好きだっただろう、いつもの明るい声で笑いかけてあげたい。

ご家族に明るい笑顔が戻る日がきっとくると信じて。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

https://nijinokakehashi-poo.info/

 

分骨壷、身につけられる分骨アクセサリー

 

あの子を近くに感じていたい

 

 

天使のカケラ

ビーズのみ:4,500円〜

天使のカケラ  天使のカケラ 勾玉

分骨カプセルキーホルダー

ポーチ付き 1,650円

軽いアルミ製のカプセルです。ポーチに収めお渡しいたします。

分骨カプセルネックレス

ポーチ付き 3,800円

ステンレス製のちいさなカプセルです。ポーチに収めお渡しいたします。

ゴールド、ブラックからお選びください。完全防水ではありません。

ステンレス製ミニ骨壷

小サイズ 2,500円 大サイズ 4,980円

 

クリメイションジュエリー

ネックレス8,600円 キーホルダー8,600円

ステンレス製の分骨ネックレスとキーホルダー。ちいさなお遺骨、もしくはお遺灰をお収めしていただけます。付属品:専用ドライバー

 

珪藻土骨壷

  1.5寸:1,100円 カバー付き:3,000円

  2寸:1,500円 カバー付き:3,400円

  3寸:2,530円 カバー付き:4,700円

※写真は1.5寸 インコちゃん・ハムスターちゃんは全骨お納めできる大きさです。

シリコン付き骨壷

2寸:ラスターホワイト・ラスターブルー・イエロー・ピンク     3,300円

2寸:桜 4,000円

3寸:ラスターホワイト:ラスターブルー・イエロー・ピンク  3,800円

 

信楽焼分骨入れ・置物

小サイズ:8,800円  大サイズ:13,200円

写真を元におつくりします。分骨入れには、ちいさな歯や尻尾のお骨を1〜2個お収めいただけます。その子のポーズなどによりお骨をお収めいただくスペースの大きさは異なる場合があります。

オプションにて、舌の見える表情にしたり、首輪をつけたりお洋服を着せてあげることができますが、ちいさな焼物のため細かな模様などは再現できない場合があります。

オプション:1,320円〜

小サイズ:4〜5cm(ポーズにより異なります)

大サイズ:8〜10cm(ポーズにより異なります)

例:舌出しポーズ、頭にお花の飾り+2,640円

正面から見たお顔、横顔、後ろ姿、尻尾やお耳、毛色がはっきりわかるお写真をご準備ください。

 

おやすみAngel 小さなゆりかご

4,500円(カプセル付き:5,500円)

羊毛フェルトのお顔とお手手、尻尾も可愛い、分骨カプセルを収めていただける置物です。

 

こころん

ちいさな子の分骨入れ 3,300円

ハムスター・セキセイインコ・オカメインコ・シマリス・亀・ハリネズミ

 

食いしん坊だったあの子の可愛らしい歯を1本だけもらおうかな。

ぶんぶん振って嬉しいって伝えてくれた尻尾のお骨を少しもらってもいい?

遠方であなたを想うお姉ちゃんにも分けてあげていい?

これからもずっと残る、あなたの生きた証

 

同じ時を生きてくれてありがとう。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

https://nijinokakehashi-poo.info/

 

旅立つあの子に持たせてあげたい

 

旅立つあの子に、あれも持たせてあげたいし これも持たせてあげたい。

ハムスターのエルちゃんのお弁当

 

トイプードル チョビちゃんのお弁当

 

(お体のちいさな子にはちいさなお弁当を持たせてあげます。)

ご家族の匂いのするハンカチをお顔にかけてあげたり、お洋服を少し持たせてあげることもできます。ボタンやファスナー等のついていないものをご準備ください。

お手紙

 

おもちゃの写真や家族写真

 

 

持たせてあげたいけれど持たせてあげられないものは、写真にして持たせてあげることができます。お遺骨を綺麗に残してあげるため、また環境保全のためにも持たせてあげられないものがあります。

 

 

持たせてあげられないもの

陶器、ステンレス、プラスチック製の器

綿やプラスチックの詰まったおもちゃ、プラスチック、ゴム製のおもちゃ、紙や布以外で出来たお守り

(猫じゃらしはプラスチック性の棒だけ切り離していただくと持たせてあげられます。)

缶詰

(缶やパウチから中身を出し、紙コップや紙製の箱に移していただくと、持たせてあげられます。)

保冷剤、ドラアイス

お見送りする前に全て取り除きます。

リード、首輪

(布製のシュシュやバンダナは持たせてあげられます。)

籐製のバスケット

「思い入れのあるバスケットをお棺にしたい。」そうお考えのご家族もいらっしゃるのですが、お遺骨を綺麗に残してあげるために、お断りしています。

虹の架け橋ぷうのお見送りプラン全てにお棺が含まれています。

おまかせプランはダンボール製のお棺を、家族葬、そのほかのプランは柳製のバスケットをお棺としています。※大型犬ちゃんは全てのお見送りプラン共通でダンボール製のお棺になります。

 

 

持たせてあげられるもの

お花

トゲがあるもの、赤いもの、色の濃いものは入れてはいけない…とも言われていますが、トゲや茎は切ってしまいます。血を連想する赤は…と言われますが、その子に似合う色、ご家族のお好きな色のお花で包んであげてください。

色の濃いお花をたくさん入れると、お遺骨に色素がついてしまうとも言われていますが、少量であれば気にならないかと思います。

たった1度のお見送りです。たくさんのお花で包んで送ってあげたいご家族はには、想い花プランもおすすめです。お好きなお色やイメージをお伝えください。

ご自宅のお庭に咲いているお花ももちろん大丈夫です。

(蟻などの虫がついていることがあります。可能であれば水洗いしていただき、水気を軽く拭き取っていただくと安心です。茎を切りご準備ください。)

 

大好きなお家やお庭、いつものお散歩道の写真

お家やお庭、ドライブ好きな子には車やいつも見ていた景色の写真を持たせてあげるのはいかがでしょうか。

お散歩道に咲いていた四葉のクローバー、いつも好んで食べていた草を持たせてあげたご家族もいらっしゃいます。

 

大好きなごはんやおやつ、アレルギーがあったり健康を保つために食べさせてあげられなかったものも、持たせてあげてはいかがでしょうか。

お顔には、ご家族の匂いのするハンカチをかけて安心させてあげたい。

 

※こちらに記載したものが全ての火葬場で可能とは限りません。他の業者さんにご依頼される場合はそちらにご確認ください。

 

そのほかにも持たせてあげたいものがありましたら、ご相談ください。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

公式ホームページ

https://nijinokakehashi-poo.info/

お庭から寺院の合祀墓へ ちいさな家族の眠りの場所

ちいさな家族の眠りの場所

「人の手が入る前に掘り起こしてきちんと供養してあげたい。」

数年前にご自宅敷地内に埋葬したあの子を工事が始まる前にお墓に埋葬し直したい。

ご連絡をいただき、打ち合わせを兼ね現地の確認に伺いました。

陽当たりのよい場所、柔らかな土に、首輪をした石と、お気に入りだったと思われるボールが3つ置かれていました。

梅雨が明けたら工事が始まり、他人の手が入ります。その前にお遺骨を掘り起こし、寺院の合祀墓に移してあげたい。

梅雨の合間の晴れた日に決行しました。前日はよく降り、心配だったためもう一度現地確認に。そして当日。ご家族のみなさんも長靴を履きに手袋をして準備は万端です。

ご住職による読経。手を合わせ見守ります。いよいよ始めます。まずはスコップで大きく土を掘り、お父さんの記憶を頼りにさらに掘り進め、最初のお遺骨が見つかってからは丁寧にゆっくり手で掘り進めました。そこからは役割分担を。お母さんたちには、土から細かな石や小枝などを分けていただき、お父さんには引き続き大きく空いた穴をさらに掘り進めていただきました。私は分けていただいた石などとお遺骨を水で洗いながら分ける作業に取りかかりました。

色々なパターンを想定し、この日お願いして来てもらった助っ人さんもお父さんと一緒に力作業をしていただきました。

曇り空ではありましたが梅雨時期特有の蒸し暑い日。汗でベタベタですがどなたも休もうとなさらず心配に。持参したペットボトルをお配りし、休憩していただくようお願いしましたが、みなさん真剣に向き合い手を止めることはありませんでした。

そうしてそれぞれの作業が進み、ひと段落しました。

7年間、あの子が眠っていた場所をきれいに元の状態に戻し、ご住職に丁寧に読経をあげていただきました。

お遺骨はどの程度残っているのか、そしてその状態はいかがなものか、ご依頼をいただいてから心配で同業の先輩方に意見を伺ったり、想定できる全てのパターンに対応できるよう準備を進めてこの日を迎えましたが、とてもしっかりと綺麗に残ってくれていました。

立派な歯もそのまま、可愛らしいお顔を撫でるお父さん。もしかしたら手離すのが惜しくなってしまったのではと念の為伺いましたが、予定通り、寺院にご納骨されることになりました。

 

松本市 観音寺

シャワー、お昼の時間をとり、午後は寺院にてご納骨式が執り行われました。

観音様の石碑の下にはたくさんの子たちが眠っています。最後まで誰かに愛されてきた子たち。今日からここがあの子の眠りの場所となります。

お家から少し離れますが、またいつでも会いに来れる場所。

元気いっぱい、やんちゃだったというあの子。
ふわふわで大きく見えるけれど、濡れると細くなっちゃうあの子。

15歳で病気知らずだったというあの子は、無邪気な笑顔のまま、これからもずっとご家族の心に。

たくさんの幸せをありがとう。

また会いに来るからね。ゆっくりおやすみ。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷうhttps://nijinokakehashi-poo.info/plan.html