アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーション

「この子が喋ってくれたら。」

ちいさな家族と向き合っている方なら、誰でも一度は思ったことがありますよね。

アニマルコミュニケーター

ご存知でしょうか?

テレビで観たことがある、聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

先日会ってお話を聞いてきました。

 

天使になった子だけではなく、もちろん、今いる子とのコミュニケーションもできるとのこと。

天使になったうちのぷう…では涙が抑えられないだろう。お話聞くのがカフェだったため、猫と暮らす友人と一緒に伺いました。

元保護猫ティッキ。この子の写真を見てもらい、始まりました。

東京から松本に来たティッキ。電車で移動中、キャリーの中で堂々と寝ていたそうです。

今のママと暮らし始め、すぐに慣れました。

体は華奢、でも撫でられらると安心するのか、ゴロゴロ喉を鳴らしながらガツガツ食べます。

ママが動けばストーカー。どこにでもついて歩き、ちょっとゴミ捨てに行っただけでも玄関でジッと時々鳴きながらママの帰りを待ちます。

ママは在宅ワークをしており、一室だけ、人の出入りがよくあります。

猫なのに、高い所に登ることもなく、物を落としたりすることもなく、静かにいつもそこにいます。

それは、仕事仲間の一員として一緒に働いているそうです。

確かに、ママが仕事をしている時間、ほとんど鳴かず、ただその部屋で静かにしています。時々突然走り出すけれど、それは、悪いものを追い払ってくれているとか。

ママの仕事は電話相談。時々気分が重くなることもあるけれど、そこにこの子がいれば頑張れる。そして、大人しくしてくれているティッキだから、この仕事が続けられている。

 

もしも、天使になったあの子の心の声が聞きたくなったら…

アニマルコミュニケーションを受けるというのもありかもしれませんね。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です