ぼくのボール。

虹の架け橋ぷうでは、収骨するのが辛すぎる、というご家族の代わりに火葬、収骨させていただきご自宅までお送りする、おまかせプランがあります。

この日は、お散歩大好き、ボール大好きなティガくんの旅立ちをお手伝いさせていただきました。

厳しい冬も終わりに近づき、可愛らしいお花が所々で顔を出して。この辺りもお散歩したのかな?

あの日、お母さんが「お散歩行く?」と聞くとついてきたあなた。自分の足で立ち、歩きました。

そして…

立ち止まったあなたを心配して抱くお母さん。お母さんの腕の中で…。

ティガくん、生まれてきてくれて、今日までたくさんありがとう。あたかがいてくれた12年間。どんなにあたたかい気持ちになったか。いつも家に帰ればあなたがいてくれたから。

旅の途中でお腹がすかないように。向こうでもたくさん遊べるように。ジャーキーやリンゴ、お花と大好きなボールの写真を現像して。持って行ってね。遊ぶの大好きだもんね。

だけど、このボール… どこで見つけてきたのかな?(^^)

 

淡い色のお花に囲まれて。ティガくん、行ってらっしゃい。またいつか、きっとね。

ぼくのボール。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です