「泣いてちゃいけないんだよ。」

ちいさな息子さんが泣いているママを励まします。

あの子たちの四十九日。

松本市にある観音寺さんにて読経をあげていただきました。

あの日より少し大きくなったお子さんたち。覚えていてくれたかな?あの日、パパさんたちがお骨上げをしている間、お絵描きしたり、男子トイレも一緒に入ったんだよ。

そう言えば、スーツによだれも付けてくれたね。パパさんに叱られてシュンとなっちゃって‥あの日は特別だったもんね。

お兄ちゃんは賢いからわかっていたんだね。お別れの意味‥でも、考えないようにしていたのかな。

 

みんなで送ってあげようね。

お手紙とお弁当と、ボールは写真にして持たせてあげよう。

明るいお花で包んであげよう。

みんなで見送ったあの日。

そして今日。

パパさん、ママさん、あの日カプセルに納めたちいさなお骨をお揃いのネックレスに。

「私が泣いていると、この子が少し怒った口調で言うんです。」

「泣いちゃいけないんだよ。」

この子たちがいるから頑張れます。

こちらのお寺には、ワンちゃん、猫ちゃんも暮らしています。今日はビーグルのウランちゃんが立ち会ってくれました。

読経をあげていただき場所を移し、お茶タイム。よく冷えたスイカをいただきながら、涙が時々溢れますが、後ろからスイカを狙うウランちゃんに、つい声を上げて笑ったり。久しぶりのワンちゃんに懐かしさを感じたり。少し切ないけれど‥。

触れながら思い出していただけたら。

「深い悲しみを植えつけるために生きていたんじゃない。パパ、ママ、みんなと幸せな思い出もたくさんあるんだよ。パパもママも楽しかったでしょ?」

 

きっとまた逢おうね。

その時はまた家族になろうね。それまでちょっと待っていてね。

パパ、ママのところにきて幸せだったよ。

 

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

 

 

愛猫の脱走・事故防止対策

脱走・事故防止対策

近頃は、外に出さず、家の中だけで暮らす家猫ちゃんが増えています。

外は危険がたくさん…!事故、ケガ、感染症、また、虐待愛好家…なる恐ろしい人たちがいることも事実です。

家の中に閉じ込めるのは可哀想。そう思われる方もいらっしゃると思いますが、暖かい寝床、新鮮なお水、安心して食事をとれ、上下運動のできるキャットタワーや遊んでくれるご家族、甘えさせてくれ愛してくれるご家族がいたら。

お家の中は安全!

と言いたいところですが、意外と危険が潜んでいます。

好奇心旺盛な猫、紐やビニール袋、転がるもの、なんでも遊び道具になります。ビニール袋の取っ手に首が引っかかり…転がるものを飲み込んでしまった…紐を飲み込んでしまった…カーテンレールに登って降りられなくなった…カーテンレールに首輪が引っかかり宙吊りに…網戸が外れ窓から転落…。

気をつけたいものです。出来ることから対策を。

ビニール袋は取っ手をハサミで切っておく。紐や転がるオモチャは数を把握、外出、就寝の際には片付ける…なかなか難しいですが。首輪は外れやすいものを。万が一外に出てしまい迷子に…そう考えると、首輪をしないのは不安。しっかり名前と連絡先を書き、時々点検し、万が一に備えたい。

そして、窓の対策。これからの季節、窓を開け網戸にしておくご家族も多いと思います。ご存知かと思いますが、網戸は猫が体当たりしても外れる可能性があります。破れてしまうことも。

「うちの子がいない!脱走…!」

「窓から下に…!!」

そんな脱走、転落事故を防ぐためにすぐに出来る対策方法をご紹介します。

材料は、ホームセンターや100円ショップでも手に入ります。

ワイヤーネット、突っ張り棒、結束バンド、ハサミ

窓の大きさに合わせてご購入を。突っ張り棒でしっかり固定し、ワイヤーネットと棒、ワイヤーネット同士を結束バンドでしっかり固定するだけです。猫に優しい虫除けグッズもぶら下げることができ便利。

時々点検を。緩くなっていないか?隙間はないか?

大切な家族を守れるのは私たちだけだから。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

 

心を込めたお見送り

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう の心がけ

(ペット)というより(家族)と考え、大切な家族との別れに悔いが残らないよう、ご家族のお話を伺い、(ちいさな家族)の〝供養のかたち〟を一緒に考え旅立ちのお手伝いをさせていただきます。

 

大切な家族が亡くなってしまったら… 「あの時もっとああしてあげれば良かった、もっとこうしていれば…。」と悔いが残ることがあります。可愛ければ可愛い程、想いが強い程、もっと出来ることがあったのではないかと、後悔してしまいます。 だからこそ、最後のお別れは悔いが残らないよう、お手伝いさせていただきます。

〈安置する〉

エアコンなどで室温を調整し、お気に入りのベッドやクッションなどに寝かせてあげ、可能であればそっと足を内側に曲げてあげます。丸まって眠るようなかたちに。 安置の方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

大切な家族が亡くなってしまったら

〈お布団つきのお棺〉

みかん箱のような段ボールじゃ悲しい、とお考えの方、ご安心ください。虹の架け橋ぷうでは、掛け・敷き布団・枕のついたお棺をご用意しています。

〈お棺に入れられるもの・入れられないもの〉

お気に入りのおもちゃや特別なオヤツ、写真やお洋服。入れてあげられるものと入れてあげられないものがあります。心を込めてお棺に納めたのに、火葬直前に出さなければいけなくなる…。それでは悲しい。 形見として残すもの、入れてあげるもの、お話を伺いながらお手伝いさせていただきます。

〈お花・お線香〉

季節のお花で優しく包んで。「バタバタしてしまいお花まで気がまわらず、入れてあげなくて後悔した。」という話を時々耳にします。虹の架け橋ぷうでは、たくさんのお花が含まれるプランもご用意しています。 また、ご家族でご用意されたお花も、ご要望があれば当日お切りします。 すぐにお線香をあげられるよう、ミニ仏具・お線香が含まれるプランもあります。

〈お手紙・お写真〉

虹の架け橋ぷうでは、お手紙を書いていただけるよう、ポストカードを差し上げています。お心残りがないよう、ご家族だけでお別れしていただく時間を設けています。 お気に入りのお写真があればご用意ください。ちいさな写真立てをご用意しています。携帯電話には入っているのだけど、現像していないという場合、データをいただければ現像してお持ちします。

〈火葬場までの交通手段〉

ご安心ください。虹の架け橋ぷうの車にて、お送りいたします。ギリギリまで、お顔やお体を撫でていただくことができます。

(コロナウィルス感染、蔓延防止のため自家用車でのご移動をお願いしております。2021.6)

〈火葬・お骨あげ〉

立会個別火葬です。その子だけを火葬しますので、お骨あげもご家族みなさまにしていただけます。 最後までお供させていただきますのでご安心ください。また、ちいさなお子様にはショックが大きいかもしれません。ご家族で話し合いをなさってください。 まだ亡くなったことが信じられない、ショックが大きくてお骨あげまでは出来そうにない…。お察しします。 またお仕事がお忙しいなど、ご事情によりご収骨までは、という場合、虹の架け橋ぷうが責任をもってご収骨までさせていただき、ご返骨いたします。

〈お墓について〉

ゆっくりご家族でご相談ください。虹の架け橋ぷうでは、納骨まで含まれるプランもありますが、すぐにではなくて大丈夫です。四十九日までご自宅にご安置したうえで納骨される方も多いです。 また、ご自宅のお庭に埋葬してあげる、またはご自宅に祭壇を設けてお気持ちが落ち着くまでずっと一緒に、ということも。決まりはありません。ご家族の納得のいくようになさるのが1番かと思います。

〝供養のかたち〟にこうしなければいけない、という決まりはありません。その子を想い、してあげたいようにしてあげる、家族の一員として心を込めて送ってあげることも供養になると思います。

続きを読む