TAMAYURA〜玉響〜 メモリアルフォトフレーム

TAMAYURA〜玉響〜

想い出を形に残したい。あの子の毛に触れられるフォトフレーム

ふわふわでもこもこの毛。尻尾の少し硬い毛、ふわふわのアンダーコート。耳の柔らかい毛も愛おしい。

まんまるボールにした毛をフォトフレームに。

葉書サイズのフォトフレームです。写真は葉書サイズ、L版サイズ、真四角サイズに対応。お好きな写真が表と裏に2枚収められます。

抜け毛からお作りすることもできます。

カットした毛からでも。

写真はL版サイズ 

フォトフレームの色はナチュラルブラウンです。

裏面に葉書サイズの写真を収めました。

写真右のフォトフレームには真四角プリントした写真を。

色はダークブラウンです。

TAMAYURA〜玉響〜

メモリアルフォトフレーム

4,400円(内税)

カラーはナチュラルブラウン・ダークブラウンの2色からお選びいただきます。

 

寂しさも温もりも玉響に。想い出は永遠に。

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttps://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

そのまま肉球キーホルダー

そのまま肉球キーホルダー

たくさん歩いたね。ときどきパンチも出たね。雨が降る前はお顔かきかきして教えてくれたね。

お手手もあんよも愛おしい。ぷにぷにの肉球も、シワシワの肉球も全部可愛い。

お名前、誕生石の飾りが入ります。

 

肉球は、写真からかスタンプからお作りします。写真からお作りする場合、見たままの肉球。ラインも綺麗に再現します。スタンプからお作りする場合、ラインは修正し再現します。

3,000円(内税)

フェレットのしずくちゃん

 

オカメインコのショコラちゃん

ワンちゃん、ネコちゃんの肉球。フェレットちゃん、インコちゃんの足跡も。

生きた証を形に残したい。

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttps://nijinokakehashi-poo.info/

 

セカンドハウス

セカンドハウス

ひなちゃんの眠りの場所が完成しました。

ひなちゃんはピンクがよく似合う。」とお父さんが選んだピンク色の石。

文字、肉球、シルエットには白色を入れました。4つの肉球は、ひなちゃんとダンナさん、ふたりの娘ちゃんたちの原寸サイズの肉球です。

大好きなトマトは毎日欠かしません。周りはお花で賑やかに。今度の夏にはミニトマトがたくさん実るように、お父さんが計画しています。

大好きなお庭で、みんなの声を聴きながら、毎日お父さんが手を合わせてくれるこの場所が、キミのセカンドハウス。

 

27,500円〜

シルエットあり 33,000円〜

シルエット複数あり 色付けあり 37,400円〜

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttps://nijinokakehashi-poo.info/

家族だから、しっかり送ってあげたい。

「火葬の予約は取れたけれど、段ボールか抱っこで連れてきてと言われ…お棺やお骨つぼありますか?」

ご連絡をいただき伺いました。予約の時間まで、あと数時間…!

出逢いは21年前。お外で暮らしていたお腹の大きな子。このお家の台所裏で仔猫を産みました。お腹空いていたかな。お外は過酷だったよね。ここなら安心して子供を産めると思ったんだね。

そのまま家族になりました。

「新聞記事を保管していました。その時を迎えるのは嫌だけど、必要かもしれないと思って。」

大丈夫ですよ。ご安心ください。大切な家族でもすもんね。出来る限りのことをしてあげましょう。

「この子はコタツが大好きでね、よく上に登ったりしていたんだけど、足が悪くなって登れなくなってね。あと顔にできものが…でも蒸しタオルで拭いてあげると喜んでいました。抱っこが嫌いで、病院も車も苦手で…水道から直接お水飲むのが好きでした。」

どんなに大切にされていたか伝わってきます。

チビちゃん。可愛いね。お顔もだけれど性格も可愛いね。

バスケットのお棺に真っ白いお布団を敷いて。お父さんとお母さんの手で寝かせてあげてくださいね。

急ぎながら、でも好きなものを選んでお弁当に詰めました。

お花は…火葬場に向かう途中で買って行きましょう!早めに着くように出発して、可愛く包んであげましょうか。

バタバタと出発。そしてお母さんとお花選び。レジの済んだものから茎を切り、小走りで車に。お父さん、お待たせしました。では参りましょう。

移動中も、チビちゃんのお話は尽きることがありません。

「ここ数日はオムツもしたけれど、少し前までは、私が手伝ってあげると自力でトイレも出来ました。」

「最後の2日は一緒に寝ました。看取ることもできました。」

お母さんが選んだお花はどれも優しい色合いの花。チビちゃんに感謝の気持ちを込めて。そして、うちは神式だからと榊も入れてあげました。お父さんからもチビちゃんへ。

20年以上も一緒に暮らしてきたキミ。                 ありがとうね。寂しいけれど行ってらっしゃい。見送るまでが私たちの責任だから。

待ち時間に少し居心地悪そうにしていたお父さんが声をかけてくださいました。

「ちゃんと葬儀だね。人と同じようにしてくれるんだね。このあともし良かったら、直会(なおらい)に付き合ってもらえませんか?」

喜んで!

チビちゃんの在りし日を偲んで「献杯」お父さん、お母さん、大切な子供さんの旅立ちのお手伝いをさせていただきありがとうございました。

送ってあげるのはあくまでもご家族。虹の架け橋ぷうにできることはお手伝いです。「きちんと送ってあげたい。」そのお気持ちにできる限り寄り添いお手伝いすること。

この仕事を始めて良かったです。愛猫を見送り廃人のように落ち込んでいた私が、この仕事を選んだ理由。

ちいさな家族との別れに悔いを残して欲しくない。

「たくさんのお花に囲まれてチビを送ってあげる事が出来、お陰様で後悔する事もなく、私の気持ちも落ち着きました。」

あれから数ヶ月。チビちゃんのお母さんからあたたかい自筆のお手紙を頂戴しました。

チビちゃん、お母さんとお父さんを見守っていてね。

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

うさぎのラビちゃん。

お客様からのお言葉

ラビママです
この度はお世話になりました。
コメントして頂いた方々も、ありがとうございます。
ラビちゃん、今頃しろたんと一緒に照れていると思います。
まだ、野菜売場とか行くと、辛い時もありますが、ラビちゃんとの思い出を大切にして、ゆっくり、ゆっくり笑顔になれるように頑張ります(^-^)

ラビちゃんのママさん、ありがとうございます。

Facebookの虹の架け橋ぷうページをフォローしてくださり、ラビちゃんのことを書かせていただいたら、コメントをくださいました。

他のフォロワーさまからもラビちゃんを悼むコメントが。

あの時、うっかり領収書をお渡しするのを忘れ、後日お渡ししに伺いました。その時、「少しお時間ありますか?」と呼び止められ、お話を伺いました。

通っていた動物病院のスタッフの皆さんから、あたたかい寄せ書きをいただいたそうです。

そこには、献身的な介護を続けたママへの優しい言葉、そして、「もっとしてあげたかった。」と悔やむ言葉が。

ラビちゃんママ、胸のつかえが取れたようだと。

優しい心遣いが嬉しいですね。

しろたんとラビちゃん。

うさぎのおやきちゃん。

お客様からのお言葉

素敵な供養ができとても感謝しています。気持ちは、まだまだですが…
でも、おやきの思い出を😊で話すことも供養だと心掛けています🐰
お位牌出来たら連絡します👀に来てください。雪🐰good😊だったでしょ👍

おやきちゃんのパパさん、ありがとうございます!

ブログにおやきちゃんのことを書かせていただいたら、コメントをしてくださいました。

あれから、可愛いお位牌も完成。

あの時は美味しいお菓子までいただき、ありがとうございました!

優しくキスを。

いっいっぱいいっぱいありがとう。

想いの詰まったお位牌。少しでもおやきちゃんのパパ、ママの寂しさを和らげてくれますように。

ずっと背中を撫でていたいけど…。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

〝相棒〟であり〝子供〟でもあり、時には兄弟のように甘えてきたり拗ねてみたり、毎日玄関までお迎えに来てくれたりしたあの子。

お骨にしたくない。このままずっと一緒にいたい。
でも…。
火葬してあげよう。覚悟を決めた。

花屋さんに行っても欲しい花があまりなかったので、市場まで行き買い占めたピンクのカーネーションとトルコ桔梗。

優しい可愛らしい性格だから、たくさんの可愛いお花で包んであげたい。

手紙もごはんも。

大好きなちゅーるはお口にチョン。

出来る限り自分でしたい。

家族だから。
自分の手で全てしてあげたい。

一旦お別れだけど、俺のことが大好きだから、この家が大好きだから、まだしばらくいてくれるよね。

生まれてきてくれてありがとう。
大好きだよ。可愛いね。
ありがとう。本当に大好きだよ。

エンディーちゃんも〝お兄ちゃん〟が大好きだから。お兄ちゃん、タバコの吸い過ぎに気をつけて、しっかり食べてしっかり寝てくださいね。
お兄ちゃんの幸せが何より嬉しいはずだから。

あなたの元気な姿を胸に。

おまかせプラン

虹の架け橋ぷうでは、収骨するのは辛すぎる、この子を想うとき、元気な姿を思い出したい。
そんなご家族に代わり、大切な家族をお預かりし、お遺骨をご自宅にお送りするプランがあります。

お節介かもしれませんが、「本当に後悔しませんか?」「ご家族の皆さん意見は一致していますか?」と確認し、お預かりします。

お通夜は皆さんで、とっておきの写真を1枚選びながら、ちいさな家族にお別れを言ってくださいね。可愛いエピソードもどんどん出てきて、泣いたり笑ったり、それぞれの想いで。

当日、納棺、旅立ちの準備はご一緒に。
手作りの可愛らしい袋に、いつものカリカリとおやつ。そしてお花もご用意いただいていました。

本当に収骨されなくて大丈夫かもう1度確認させていただき、出棺しました。

「15時頃、手を合わせてあげてくださいね。」

「蘭子ちゃん、15年間幸せだったね。ありがとう。行ってらっしゃい。」

声をかけお見送りしました。

今日撮影した写真を現像し、お仕事で立ち会うことが出来なかったお父さんにお渡ししました。

それぞれの供養の形。
そして、立ち会えなかった皆さんも、あたたかい気持ちでこの日を振り返ることができたら…。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。
ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

公式ホームページ  http://nijinokakehashi-poo.info/sp/index.htm