よくある質問 お経をあげてもらうことは出来る?

はい、出来ます。

ご自宅までご住職に来ていただくか、火葬場に来ていただくか、もしくはセレモニーを寺院で執り行うことが出来ます。

 

松本葬祭センター

松本市にお住まいのご家族でしたらこちらで火葬をいたします。塩尻市等、市外にお住まいのご家族は別途市外料金がかかりますが、こちらでご火葬が可能です。

 

広域豊科葬祭センター

安曇野市、山形村にお住まいのご家族はこちらで火葬をいたします。

 

ご自宅でゆっくりお経をあげていただきました。

 

寺院で執り行いました。四十九日法要、一周忌、三回忌の法要も承ります。

 

四十九日、一周忌、三回忌などの法要の当日は、平服でも大丈夫です。納骨がまだでしたら、お遺骨、ご遺影、供花や供物をお持ちください。

 

生蓮寺(しょうれんじ)  松本市寿

 

龍昌寺(りゅうしょうじ) 松本市鎌田

 

観音寺(かんのんじ) 松本市和田

 

合同供養祭年に一回執り行なっている

〝ちいさな家族の合同供養祭〟

ひとりひとりの名前を呼びあげていただき、お経をあげていただきます。そして茶話会へと移ります。

第一回ちいさな家族の合同供養祭

第二回 ちいさな家族の合同供養祭

 

お経はあの子へ送る子守唄。家族だから、人と同じようにしてあげたい。そして、これからも生きていく私たちのためにも。

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

詳しくはこちらをご覧ください。

虹の架け橋ぷうのセレモニー

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問 フードやシーツが残ってしまったのだけれど、寄付できる所はある?

虹の架け橋ぷうでは、大切な家族の遺品をお預かりし、物資を必要としているシェルターで暮らす犬、猫たちへ届ける活動をしています。

つなごう「命のバトン」

介護用品、トイレシーツ、フード、ベッド、キャットタワー、キャリーなど

市民タイムスさんに記事を掲載していただき、お問い合わせをたくさんいただいています。

残しておくのは辛い。でも、処分するのも辛い。

シェルターには、たくさんのワンちゃん、猫ちゃんが暮らしています。人の都合で捨てられたり、迷子になり家に帰れなくなったり、外で生まれ瀕死の状態で保護された子もいます。みんな、本当の家族の迎えを待っています。

 

ちいさな命のために。

 

 

つながった「命のバトン」

 

シェルター運営を継続するため、年に数回フリーマーケットに出店することがあります。お預かりしたものの一部は出品させていただく場合がありますのでご了承ください。

 

リリーちゃんからつながった命のバトン

ミニチュアダックスフンドのリリーちゃん

ちいさな相方と一緒に、お気に入りの洋服を着せてもらい旅に出ました。

足腰が痛むおじいちゃん、おばあちゃんの代わりに、虹の架け橋ぷう本木が旅の途中までお見送りさせていただきました。

3月3日のひな祭り。すっかり春のようなポカポカ陽気。女の子のリリーちゃんはレースのついた真っ白な布団とピンクのブーケが似合います。

おじいちゃんとおばあちゃん、いつものカリカリ、お手紙、数年前のバースデーカードなどを入れてあげました。

女の子だし、とピンクのカバーを選んだおばあちゃん。

行ってまいります。15時頃、お空に向かって手を合わせてあげてくださいね。

リリーちゃんが乗る車が小さく小さくなるまで見送るおふたり。

少し時間に余裕があったので、城山公園に寄りました。リリーちゃん、見える?16年暮らした町だよ。

行ってらっしゃい、リリーちゃん。

ご自宅に戻ると、チャイムを鳴らしてもどなたも出てきません。??

3回目のチャイムでおばあちゃんが。

「今、リリーの声が聞こえたの。」

それで慌ててしまったの。

そっかそっか。リリーちゃん、おばあちゃんに「ただいま!」って言ったのね。ここがあなたのお家だものね。

モーツァルトが流れるとウトウトとしたリリーちゃん。おばあちゃんは曲を流しあなたを抱きしめながら、涙が止まらないそうです。まだまだしばらくはここにいてくれるかな。

「リリーのものがあるのが辛い」

処分しようとまとめていました。松本市波田にある保護犬シェルター「ゆめまるHAPPY隊」さんの話をすると、他の子の役に立てるならこんな嬉しいことはない、と沢山寄付してくださることに。

どんどん出てきます。よろしいのでしょうか?

「心の中にリリーはいるから。」

16年分のリリーちゃん用品。1つ1つに思い出が詰まっているのでしょうね。お風呂やエリザベスに献身的な介護をするおふたりの姿が見えてくるようです。沢山の洋服に、元気に走り回るリリーちゃんと、目を細めて眺めるおじいちゃんとおばあちゃんの姿が目に浮かびます。

いただいた物は、保護犬とたちが暮らすゆめまるHAPPY隊さん、保護猫たちが暮らす譲渡型猫カフェもふもふさんにお届けします。

それではお身体に気をつけて。気が抜けちゃうかもしれないので、お散歩とかお買い物とか、少しでもお出かけしてくださいね。

リリーちゃん、生まれて来てくれてありがとう。

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

070-1490-3588

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの靴下。

「これぼくんの。誰にもあげないよ!」

お兄ちゃんの靴下が大好き。抱いて離さないんだよ。弟にだってこれだけは譲れない。

お出かけするのも大好き。いつものキャリーに入ると…ママたちがどこかに遊びに連れて行ってくれる。みんなでお散歩しよう。お寺やお城もぐるっと周って。

手足が長くて格好いいでしょ。目は凛々しいでしょ。つるつるのおでこと大きな耳は可愛いでしょ。

あの日、パパが家族を代表してぼくにお手紙書いてくれました。

 

「たくさんの幸せをありがとう。これからも永遠に一緒だよ。何も変わらない。お前の代わりにママたちを守っていくから安心して。」

 

あれから2ヶ月が経ちました。キミはお空にいるのかな。お兄ちゃんが持たせてくれた靴下で遊んでいるの?それとも、パパと一緒にママたちを守ってくれているのかな。

 

生まれてきてくれて、うちの子になってくれてありがとう。

愛しているよ。だから安心しておやすみなさい。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

パパのTシャツに包まれて。

仕事、子育て、毎日の家事。忙しく生きる私たち。そんな私たちにいつも無垢な愛情をくれる子。

8年前、保護施設から迎えた与作くん。足が長くてスタイルが良く、キリッとしたお顔にグリーンの瞳。

もう、6歳くらいの成猫でした。

仔猫から一緒にいなくても、懐くのです。夜眠るときは、パパかママの腕枕で。

うーんといい子で優しい子。

 

大きな病気をすることもなく、あの日まで、居てくれるのが当たり前だと思っていたけれど……。家族みんなが見守る中、眠りにつきました。

パパ大好きな与作くん。パパの着ていた服の上で眠るの好きだったよね。

今日は脱ぎたてのパパのTシャツで包んであげるね。

またたび棒とおやつも持って行ってね。

 

お花も用意したよ。

ごめんね。お見送りはここまでなの。

パパはお仕事、ママはお姉ちゃんたちと一緒にお留守番しているからね。でもここにいるから、祈っているから、安心して行ってらっしゃい。そして、姿は変わってもずっと家族だから。ここで待っているからね。

虹の架け橋ぷうのおまかせプラン

【一任個別火葬】

お忙しいご家族に代わり、お迎えに伺いお別れをしていただき、火葬、収骨までさせていただきます。

ご家族の人数分、お線香を手向けました。

「犬歯が残ってくれたら、分骨して欲しい。」

同日、与作くんをご家族の元へ。

「とってもしっかりしたお骨でしたよ。足が長くてびっくりしました。喉仏も犬歯もしっかり綺麗に残ってくれました。」

私にしか伝えることができないから。しっかり伝えさせていただきました。

「足長くてイケメンだったからなぁ。」

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

 

 

 

 

 

老いてもオムツになっても。

食べるの大好き、なんでも食べる食いしん坊。落ちた物は僕の物!

ゴージャスな毛並みのハッピーちゃん。

いつまでも子供みたいだけれど…私たちの歳を超えていきます。

老いていく姿を見るのは時々切なくなるけれど、いつかくるその日…考えたくもないけれど。それまで1日でも1分でも長く一緒にいたい。好きなだけ生きて欲しい。

16歳くらいから、オムツをするようになりました。それでもごはんは大好き!

自分の足で歩きます。

けれど少しずつ、少しずつ、出来ないことが増えてきました。

おしっこが出なくなった時は覚悟しました。でも、持ち前の負けん気の強さで乗り切ってくれました。先生からも、気力があると褒めてもらったね。毎日点滴をしてもらいに通いました。

そして、いつものごはんが食べられなくなりました。魚や海老フライを少し。お水飲むのは家族でお手伝いします。スポイトで少しずつ。

「生きたい」と伝わってくるから。ゆっくり生きてもらいたいから。

ご家族の献身的な介護と本人の生きる力。あの日覚悟をしてから1ヶ月、よく頑張ってくれました。

食いしん坊のキミ。お弁当持って行ってね。国産の鶏と笹身スライス、いつものカリカリたくさん入れたよ。好きなだけ召し上がれ。

おじいちゃんになっても、オムツになっても可愛い家族。17年間ありがとう。生まれてきてくれてありがとう。生きることを諦めないでくれてありがとう。私たちに、少しずつ覚悟する時間をくれてありがとう。もう頑張らなくていいんだよ。

きっとまた逢える。それまでゆっくりしていてね。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

ドライアイスの有効な使用方法

 

 

可愛い我が子同然のちいさな家族。いつか来る別れ。火葬してしまうその前に、もう少し側にいたい。

でも、可愛いまま綺麗なままの姿で送ってあげたい。

可愛いまま送ってあげるために、保冷剤やドライアイスをご使用になる際、こんな風にしていただいたらより効果的というお話をさせていただきます。

ドライアイスは何のために使用するのか。

続きを読む

ちいさな家族にできること。

何年も、何十年もたくさんの幸せもらいました。

出来ることならずーっと、ずーっと一緒にいたかった。

でも、私たちより何倍ものスピードで時間が流れるちいさな家族。

虹の橋へ旅立つ時。たった1度の別れのとき。

ただ、火葬するだけでいいのでしょうか?

みかん箱のようなダンボールがお棺の代わりでいいのでしょうか?

「家族の一員」と思っているのに、人の葬儀とは程遠い…お別れになっていませんか?

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷうにご依頼してくださるご家族は、その子への愛が強い方がほとんどです。でも、最後の別れは「こんなもの」となんとなく思っていたりするのです。

ただ火葬するだけ、みかん箱のようなダンボール。それが「当たり前」だったのかもしれません。

変えたい!

人と同じように、丁寧にあたたかく送ってあげたい。

私は以前4年程、葬儀会社に勤めていました。

故人を送るために、葬儀屋さん、花屋さん、霊柩車の運転手が必要です。お棺やお骨つぼ、たくさんのお花があって当たり前。全てお任せし、親族や会葬に見えた方々と挨拶を交わしたり、故人を偲び涙したり…。

もし、葬儀屋さん、花屋さんなどがいなければ?

全てご家族でしなければいけない。無理があります。

ペットちゃんを家族の一員と思っていたら。別れの準備はなかなか出来るものではありません。だって、明日も明後日も1日でも長く一緒にいたいから。別れの準備などしたくない。 けれど…。必ずその時が来てしまいます。その時。ゆっくりお別れできますように。

ご家族でお花、お骨つぼ、お棺、火葬の手配、当日の運転、お線香などの準備。あれもこれもと思うと、悲しんでいる余裕もありません。

「ダンボールに入れて連れて来てください。」

そう言われたら、そうする他ありません。

私は最愛の娘、23年一緒に生きてきたぷうを送り出すとき、とても納得できませんでした。妥協するしかなかった。

ダンボールに和紙風の折り紙を貼り、当日自分で大量に用意した花を切り、泣きすぎて腫れた顔でお線香を買いに行き、火葬場まで自分で運転し道に迷い…。

白くなったぷーを見た時…もう涙も出ない程疲れきっていました。

葬儀屋さんがいてくれたら。全てお任せできたら。私はもっとぷうに寄り添っていられたのに。

そして2年後、私がおくりびとになりました。

ただ、火葬するだけでいいのですか?本当はもっとしてあげたいことがあるのではないですか?

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう  にお任せください。

ご家族のみなさんが、しっかりお別れできるように。「しっかり送ってあげられた」と思えるように。

ご家族の気持ちに寄り添い旅立ちのお手伝いをさせていただきます。

後悔の残らないお別れを。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

ずっと背中を撫でていたいけど…。

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

〝相棒〟であり〝子供〟でもあり、時には兄弟のように甘えてきたり拗ねてみたり、毎日玄関までお迎えに来てくれたりしたあの子。

お骨にしたくない。このままずっと一緒にいたい。
でも…。
火葬してあげよう。覚悟を決めた。

花屋さんに行っても欲しい花があまりなかったので、市場まで行き買い占めたピンクのカーネーションとトルコ桔梗。

優しい可愛らしい性格だから、たくさんの可愛いお花で包んであげたい。

手紙もごはんも。

大好きなちゅーるはお口にチョン。

出来る限り自分でしたい。

家族だから。
自分の手で全てしてあげたい。

一旦お別れだけど、俺のことが大好きだから、この家が大好きだから、まだしばらくいてくれるよね。

生まれてきてくれてありがとう。
大好きだよ。可愛いね。
ありがとう。本当に大好きだよ。

エンディーちゃんも〝お兄ちゃん〟が大好きだから。お兄ちゃん、タバコの吸い過ぎに気をつけて、しっかり食べてしっかり寝てくださいね。
お兄ちゃんの幸せが何より嬉しいはずだから。

茶白猫の玉三郎ちゃん。

お客様からのお言葉

“虹の架け橋 ぷう” さん、大変お世話になりました。
心のこもった対応をしていただいたおかげで、玉ちんにとっても私達にとっても良いお別れができました。まだしばらく涙涙の日々だと思いますが、またいつか玉ちんに逢える日を信じてごん太と3人で頑張っていこうと思います。
ありがとうございました!!

 

こちらこそ、大切な玉三郎ちゃんのお別れのお手伝いをさせていただき、ありがとうございました。「玉ちん」。実は、お話させていただきました、うちの元保護猫も「玉ちん」なんです。そして同じ男の子。あの日は何度も涙をこらえました。玉ちんの真っ白いお手手、可愛い肉球スタンプ。忘れません。

ご家族に出逢わなければどんな運命を辿ったのか…。

きっと玉ちんは幸せでした。

そしてこれからは、お母さん、お父さん、ごん太ちゃんの幸せがたまちんの幸せ。

ごはんよりも好きなもの。

いただいたフードは地域で暮らす猫ちゃんたちへ届けさせていただきました!

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

公式ホームページ  http://nijinokakehashi-poo.info/

さ〜くら、行ってきます!ただいま!

さくらの果てなき夢

これは、県外の多頭問題の現場から保護され懸命に病気と闘った、猫のさくらちゃんと、最後まで献身的な介護をし愛情を注いだご家族の日記です。

 

さくら息をひきとりました。
沢山のエールを頂きここまで歩んでこれました。
皆様に感謝申し上げます。

 

さくらは木曜日からずっと起きつづけていました。
シンドさもあったと思いますが、寝るように促すと決まって起き上がろうとしていました。

低体温になって身体が追いついてこなくても、さくら🌸はまだ生きる気満々でした。
そんな子に現実を受け入れ、別れを諭すように子守唄を歌わなければならないことは…とても辛かったです。

ああすればよかった、あれをしなければよかった…。

生きたい想いを沢山沢山伝えてもらい、微かに見える希望の光を掴み取って行く為に、日々選択しなければならない重みを感じながら歩んできましたが、今となっても後悔しかありません。

ここ数日のさくらは
極度の脱水から、結局は急性腎不全の症状がみられ…
循環器の問題に加え、腎機能低下でオシッコが作れなくなり、昨日再び肺水腫へと移行していったと思います。

微量の色の薄いお漏らしが始まってから、急性腎不全になっているかもと思い、毒素を出してあげたくて、心臓の為に処方されていた利尿剤を半量…投薬しましたが、既にオシッコを作る機能がなくなってしまっていたようで、消極的な投薬は何の役にも立ちませんでした。

皮下注射ならいくらか楽にしてあげられる…とは思いましたが
さくらの身体の機能低下を考えると、もう自宅で酸素を供給してあげることしかできませんでした。

昨日のお昼
仕事から帰るまで間に合わないかも…
と思っていましたが、帰ると、首をこちらに向け、眼をゆっくりパチリと開閉…サインをくれました。

…嬉しかったです。

お昼からは、何度か気管に粘着ヨダレなどの分泌物が詰まっているようで、外から触れても明らかに何かがあり、度々窒息しそうになっていました。

私は正直迷いました。

でも、さくら🌸はどんな時もこちらに顔を向け、しっかりと眼をみて、手を伸ばし、ジタバタして苦しい!…と訴えてきます。

それを見た父ちゃんが叫びました。

『病気やない!詰まってる!これを見過ごすんか!』

考える猶予もない状態で、気がつけば2人でさくらを支え、頭を若干下にし…
呼吸が苦しくて大きく開いた喉に向かってシリンジで水を噴射…
若干吐き出させ…
すぐさま酸素マスク…

一か八かで苦痛を取る為に苦痛を与える方法しかとれないことを謝りながら…
少しスッキリしたさくらとその後の時間を過ごしていました。

詰まりが通ってからは
肺水腫の酷い呼吸困難が度々さくら🌸を襲い、時間の経過と共に酸素マスクを外せない状態になっていきました。

酸素室を用意していましたが、それでは追いつかず、又、こちらに手を伸ばしてくることもあり

呼吸が落ち着いたタイミングで、いつものベッドをウォーターベッドにし、呼吸困難時に酸素マスクでしっかりと顔を覆うことにしました。

呼吸が恐ろしく辛いさくらにとって、ウォーターベッドは楽だったようで、ギリギリになってしまいましたが用意できてよかったと思いました。

もう身体を起こすこともできないけれど
極度の呼吸困難に陥る度に前脚を伸ばしてしがみつき

『苦しい!まだ生きるのに!助けて!どうして⁉︎』
…とさくらは言っているようでした。

1時間おきに交代で仮眠しようと言いながら…
あまりに頻繁な呼吸困難に寝ることも忘れ、必死に酸素マスクを持ち続け、呼吸が落ち着いたら安堵し…しばしさくらと話をしたり、子守唄を歌ったり…

あまりに辛い現実に、眠らせてあげたいと何度も何度も思い、さくらと眼を合わせ、パチリパチリと眼を開閉しながら寝るふりをしてみせると、少しは眼を閉じてくれ…

私なりの解釈で『ハナミズキ』を何度も静かに歌いました。

 空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
 どうか来てほしい 水際まで来てほしい
 つぼみをあげよう 庭のハナミズキ
 薄紅色の可愛い君のね
 果てない夢がちゃんと 終わりますように
 君と好きな人が 百年続きますように

さくら…
もう一緒に寝るで…

私がそう言って眼を閉じたことで、さくらはそれを受け入れたように見えた。

と、父ちゃんが言ってくれたことだけが、哀しい救いです。

最期は循環器のポンプが弱くなり、完全にストップ…。
それを見て酸素マスクを離し、さくらの名前を何度も呼びました。
完全にストップしてからも、さくらは酸素を取り込もうと口を数回動かし…もう見えていなかっただろうけど、しっかり前を見据えて動かなくなってしまいました。

ずっと眠れてない娘を眠らせてあげたい親心に反し、さくら🌸は眼をあけて生きていたかったのだろうと思えば思う程、謝ることしかできない日々が、本当に終わってしまいました。

終始…
『あたちのニャン生これからなのよね!』

しか伝わってこないさくらのさくららしい最期だったようにも思います。

昨日はさくらのどこにこんな力が残っていたのか…
と思う程、最期の力を振り絞って、さくらは生きていることの価値を必死に伝えてくれたと思います。

これまでさくらに想いを寄せて下さった皆様に…

『穏やかな最期を迎えることができました』
と、ご報告できず、本当に申し訳ありません。

あまりにも真っ直ぐに闘い続けるさくら🌸を見続けて…誰も望んでいない最期でも、さくらのありのままをお話ししなければいけないと思いました。

辛い話になってしまい本当に申し訳ありません。

同時に、さくらが身を以て伝えてくれたことを、代弁したいと思います。

どうかどうか、愛猫ちゃんを安易に外に出し、感染症に感染させ、結果、偏見や区別や病気に苦しむ猫生を背負わせないでください。

外の世界で重篤な感染症に感染した子達は、本当に辛い猫生が待っています。

ましてや飼猫でありながら愛されずに過ごしてきたさくら🌸は、余生を幸せに暮らしても良さそうなものが…

ひとつでも大変なのに、感染症の諸症状、リンパ腫、心臓病、腎臓病と…最期の腎臓病は投薬により引き起こしてしまう状態にまで…結果的に私達が導いてしまいました。
真っ直ぐなさくらを前に言い訳はできません。

さくら🌸を通じて…
人の行動が愛猫の命を左右することを、重く感じ命と向き合って頂ければ幸いです。

今日はさくらを看取ってから仕事に向かいました。

さ〜くら🌸いってきます。
ただいま〜🌸🐾😊

……涙が止まりません。

冷たくなったさくらと今夜はまだ話し足りない話をしたいと思います。

多頭飼育問題の現場から猫たちを救う活動をしているご夫妻の日記https://www.facebook.com/groups/1307769285935031/

最後まで読んでくださりありがとうございます。さくらちゃんからのメッセージ、ご家族の想いがみなさんの心に届きますように。

さくらちゃん、生まれてきてくれてありがとう。

生きてくれてありがとう。よく頑張ったね。