猫は生きることを諦めない

慢性腎不全との診断から3年、少しずつ痩せてきていましたが、ついに一昨年の8月に歩くことができなくなりました。

それでも「食べたい」「お尻気持ち悪い」「トイレ自分で行きたい」とアピールしてくれ、柔らかいフードやスープを目の前に差し出すと、ゆっくり舐めてくれました。

私の膝の上で掌から大好きなチーズを食べたり。

自分から食べようとしてくれたり。起き上がれなくても、起き上がろうと何度も挑戦していました。

毎日自宅で点滴をしたり、マッサージしたりしたりしながら、これは正しいのだろうか?この子を苦しめていないだろうか?と答えの出ない自問自答を繰り返す毎日。

 

歩くことができなくなり、起き上がれなくなって10日程経ったある日、ふらっと自分で起き上がりごはんを食べた!そしてヨロヨロと、でもゆっくり一歩ずつ…私の膝の上にきてくれた!

この子は生きようとしている。諦めていない!ならば私にできることは、精一杯できる限りサポートすることだ。

諦めない。この子が生きたいと頑張っている限り。

何が正解かわからないけど、この子と私にとっての答えは出ました。

2年前の今日のキミ。今も私の力になっています。

ちいさな家族にありがとう虹の架け橋ぷうhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です