優しい選択。

スピッツのしろくんとお父さん。

パラパラ雨が降ったり止んだりすっきりしない空模様でしたが、しろくんの先輩ワンコ、リリーちゃんの旅立ちを見届けると…急に青空が見えてきました。

「収骨までおまかせします。私は家でもう1頭いる子と待っています。」

リリーちゃんをお家まで送るとお父さんたちが歩いてきました。

「はじめまして。リリーちゃんより2周り位大きいんだね。お名前は?」

「しろです。白いからしろでいいかって。」

こんなに2人は自然な感じがするけれど、まだ家族になり数ヶ月だということ。

「この子は繁殖犬だったんです。おそらくずっと狭いケージの中でかろうじて生きてきたんだと思います。」

「あっ!歯が…。」

ボロボロの歯。リリーちゃんは17歳と高齢にもかかわらず、とっても立派な歯でした。ご家族が健康に気をつけ食事にも気を配ってきた愛情の証。

「この子は年齢もわからないんですよ。どんな環境に置かれていたのかも詳しくは聞きませんでした。」

「新聞記事を読んで決めていたから。」

〝繁殖犬〟〝レスキュー〟〝里親募集〟〝終生飼育〟

もう充分でした。お父さんは言いました。

「この子の寿命が尽きるのが明日でも10年後でも構わない。年齢がいくつとか、歯がボロボロとか、そんなことも構わないんです。」

「今幸せにしたいと思いました。」

しろくん、よかったね。本当によかったね。まだ家の中では興奮したり時々暴れたくなっちゃうこともあるけれど、少しずつ、少しずつ。お父さんもお母さんも、キミの全てを受け入れてくれるから。だから大丈夫。たくさん新鮮な空気吸って、鳥の声や飛行機の音も聞いて、花や草や土の匂い、これから始めての雪も全部好きなだけ楽しむことができるよ!

それにね、大きな優しい手で毎日撫でてもらおうね。

「可愛いね、賢いね、えらいね、すごいね。」

たくさん声をかけてくれるよ。

だから安心して、ゆっくりゆっくり生きるんだよ。

 

そして、もし余裕ができたら。リリーちゃんの祭壇前で涙を流すお父さん、お母さんに、そうっと寄り添ってあげてね。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

わんちゃんねこちゃん里親探し隊

松本大学にて行われた梓乃森祭。

多くの方に保護犬・保護猫の存在、犬たち、猫たちが幸せに暮らすために活動するボランティアさんたちも譲渡会という形でブース参加されました。

 

ワンちゃんの保護シェルター

ゆめまるHAPPY隊さん

シェルターを卒業し幸せ掴んだワンちゃんとご家族。

 

本当の家族を待っています。

 

 

全ての猫たちが幸せになりますように

こねこの会さん

 

 

プチ地域猫活動を応援します

猫堂さん

 

ハナムラデザインの花村さん

虹の架け橋ぷうのホームページやパンフレットなどを作っていただいているイラストレーターの花村さんもボランティアとして参加されていました。

 

シェルターで暮らしていた〝保護猫〟ちゃんを家族として迎えた里親さんもお手伝いをされていました。虹の架け橋ぷうで旅立ちのお手伝いをさせていただいた、あの子のママさん。

遺棄された仔猫たちをミルクで育てる〝ミルクボランティア〟さんは家族そろって見に来てくださいました。最近育てた7兄弟はみんな本当の家族ができました!手離すのは寂しいけれど、その後幸せそうに暮らしているみんなの写真を見ると安心されるそうです。

 

動物を遺棄することは犯罪です。

みんな心があります。感情があります。人の都合で棄てられた命。この世界に生まれてきた全ての命が今日も明日も続きますように。

新しい家族を迎えようとお考えのみなさん、シェルターで暮らすワンちゃん、猫ちゃんたちの里親になるということも、選択肢に入れていただけたら。本当の家族の迎えを待っている子たちがいます。

 

 

チャリティーカレンダー2019

猫と犬のチャリティーカレンダー2019

カレンダーの売り上げは、シェルターで暮らす保護犬、保護猫たちのごはん代、医療費となります。

人の都合で棄てられた子。家族が先立ち行く場所ななくなった子。外で産まれ保護された子。迷子になりお家に帰れなくなったかもしれない子。

シェルターには、たくさんの犬、猫が暮らしています。

 

虹の架け橋ぷうは、チャリティーカレンダー販売促進活動をしています。

昨日は地元の飲食店、企業の社長さんたちの集まりに参加し、多くの方にこの子たちの存在を知っていただくためアピールをしてきました。

いつの日か「保護犬」「保護猫」という言葉がなくなりますように。

みんな幸せになるために産まれてきたのだから。