ポメラニアンのポアちゃん。

お客様からのお言葉

今日は本当にありがとうございました。最後の最後にいい記念になりました。
本当にお願いしてよかったです。
また何かありましたら、その時は宜しくお願いします。

今のお仕事は飼い主とペットを幸せにいい思いで作ってくれる立派なお仕事ですよ。
これまで撮ってきた写真で新たなスライドムービーを作りたいと思います。

みかんと向日葵と愛と。

 

 

 

ぼくの靴下。

「これぼくんの。誰にもあげないよ!」

お兄ちゃんの靴下が大好き。抱いて離さないんだよ。弟にだってこれだけは譲れない。

お出かけするのも大好き。いつものキャリーに入ると…ママたちがどこかに遊びに連れて行ってくれる。みんなでお散歩しよう。お寺やお城もぐるっと周って。

手足が長くて格好いいでしょ。目は凛々しいでしょ。つるつるのおでこと大きな耳は可愛いでしょ。

あの日、パパが家族を代表してぼくにお手紙書いてくれました。

 

「たくさんの幸せをありがとう。これからも永遠に一緒だよ。何も変わらない。お前の代わりにママたちを守っていくから安心して。」

 

あれから2ヶ月が経ちました。キミはお空にいるのかな。お兄ちゃんが持たせてくれた靴下で遊んでいるの?それとも、パパと一緒にママたちを守ってくれているのかな。

 

生まれてきてくれて、うちの子になってくれてありがとう。

愛しているよ。だから安心しておやすみなさい。

 

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

泣いたり笑ったり。

今日あの子の納骨式がありました。

あの頃は毎日厳しい暑さでしたが、すっかり秋めいて……。時間の流れを感じてしまいます。

可愛かったから、いつも家族の中心だったから。居ない生活なんて考えられなかったけれど……。

「はなちゃんは可愛かった。本当にいい子だった。3本足だったけれど、そんなこと関係なく、全部可愛かった。」

繰り返すおばあちゃん。「うん。可愛かったね。」とママさん。

この日は記念日。14年前家族になった日。

おばあちゃん、大丈夫かなぁ?また寂しがるだろうなぁ……。

前日ママさんと電話で打ち合わせを。おばあちゃんがなるべく寂しがらないように。

ここには、たくさんの〝愛されている子供たち〟が眠っています。ここならきっと、はなちゃんも寂しくないよね。

愛おしそうに、優しい手で。姿は変わってもやはり可愛い。みんなで手を合わせ無事納骨をしました。

またいつでも逢いに来れる。

はなちゃんのお話は尽きることがありません。泣いたり笑ったり。

「お時間大丈夫ですか?」こんな時でも気遣いを忘れないママさん。なんて素敵なご家族なのでしょう。

優しい心遣い。お手紙までいただきました。

「大切な家族を見送る辛いとき、自身の経験から本当に寄り添ってくれる。大変だと思いますが、私たちにとっては有難いことです。お身体に気を付けてお仕事頑張ってくださいね。」

どこまでもあたたかい。

「いつかまた、家族を迎えるかもしれません。きっとその時も、シェルターで暮らす子を迎えると思います。」

生まれてきたみんなが、はなちゃんのように幸せに暮らせますように。はなちゃんのご家族がまた笑顔になれますように。

私たちがあなたのもう1本の足になるよ。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

 

 

ノエルちゃんからの贈り物。

「うちの子が天使になり…たくさんの物が残ってしまったので、シェルターで暮らすワンちゃんたちへ寄付させてください。」

ご自宅へ伺うと、車1台満杯になりそうなたくさんの物が整然と並べてありました。

タオル、敷物、滑り止めマット、コルクマット、オムツ、お尻拭き、お薬、サプリ、フード、おやつ、冷んやりアルミシートなど。

こんなにいただいてよろしいのですか?

「いいんです。大切なものは残してありますから。」

お名前お聞きしても?

「ノエルです。チワワの可愛い子です。」

「良かったら写真見てもらえませんか?」

そのままずうずうしくリビングに上がらせていただきました。

写真左の子がノエルくん。

家族の一員になったその日から、お兄ちゃんたちとすぐに仲良しに。

あとでわかったこと。お兄ちゃんのワラビくんは、同じお父さんから産まれた本当の兄弟でした!

そんなことってあるんですね!

ノエルくんがこのお家に来たのは奇跡だったのかな、それとも、必然だったのかな。

ふわふわの白い毛、もこもこなお耳、くりくりお目目も愛おしい。

「この子が教えてくれたこと、たくさんあります。職場の上司や同僚たちの優しさに触れ介護に専念出来たこと。命の尊さ、最後までとことん付き合う親の責任感もしっかり。そしてなんとも言えない寂しさも。」

なんだかいつも察してくれて、そうっと側にいてくれて。

「神様のおつかいみたい。」

今頃お空で、ワラビ兄ちゃんたちと遊んでいるのかな。

 

生まれてきてくれて、うちの子になってくれてありがとう。存在が大きすぎて、可愛すぎて、見送る覚悟なんて出来なかったけれど……。介護させてくれてありがとう。最後まで普通に振舞ってくれて、私の帰りを待っていてくれてありがとう。

ご家族の愛情が痛いほど伝わってきます。

お預かりしたものは、シェルターで暮らすワンちゃんたちへお届けしました。

猫ちゃんたちへも、ノエルくんからの贈り物。

「シェルターで暮らしている子たちのことを思うと胸が痛みます。みんなが幸せになるように願っています。」

 

ノエルくんのママさん、ありがとうございました。生まれてきた全ての子たちが、ノエルくんのように幸せに暮らせますように。

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

 

虹の架け橋ぷう 公式ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

 

 

ペット保険について。

かけがえのない家族と自分たちのために。

犬 猫 うさぎ 鳥 爬虫類

 

今から家族を迎える方。今いる子のためにペット保険加入をご検討中の方。

知っておきたい医療費について。

ずっと健康でいてくれたらと願いつつ、備えておきたい。

公的な健康保険制度がないちいさな家族。医療費はすべて飼い主であるご家族の負担になります。

大切な家族だから、お金のことは気にせず、何か変化があったらすぐに病院に連れて行きたいから。そのためのペット保険です。

年々〝平均寿命〟は伸びていると言われています。〝完全室内飼育〟が当たり前になりつつありことや、動物病院が増え、診てもらいやすくなったこと。〝ペット〟というより〝家族の一員〟と考えられる方が増え、変化にすぐ気付くことができる……など、様々な理由があります。

10年先、20年先の事を考えておきたい。

病院によって診察代に差はありますが、私の愛猫を20年診ていただいた病院では、増血剤の注射が1本5,000円、入院すると1日10,000円程度かかりました。

1日でも、1分でも長く生きて欲しいから。

生きたいだけ生きて欲しいから。

延命措置はご家族にとっても悩むところだと思います。〝エゴ〟なのでは?この子はどうしたいのだろうか?

その時にならないとわかりません。心の準備が出来たとしても、やはりその時、その子の心の声と私たち家族の気持ち。

ペット保険に入ることは、いざという時に最善を尽くすことが出来る〝心の保険〟でもあるかと思います。

〝ちいさな家族〟と私たちのために。

 

ご相談承ります。

ちいさな家族にありがとう 虹の架け橋ぷう

070-1490-3588

 

プリズムコール

https://www.animalclub.co.jp/