虹の橋へ旅立ちの準備

大切な家族が亡くなってしまったら…

生きてくれることしか考えていなかったから、どうしていいのかわからない…。

こちらをご覧ください。今できることがあります。

よくある質問 大切な家族が亡くなってしまったら

そしていよいよお旅立ちの時…

お棺に何を入れてあげますか?

火葬場によっては、入れられる物、入れられない物がありますので、事前に問い合わせておくといいかと思います。

 

お花、お手紙、お写真

お気に入りのおもちゃ、いつものごはん、大好きなおやつ。

たくさん話しかけてあげながら、この子を想いながら選びます。あとで後悔が残らないようにしたいものです。

〈 お花 〉

 

たくさん入れてお花畑にしてあげたい。

虹の架け橋ぷうでは、たくさんの生花が含まれるプランもあります。

また、ご自宅のお庭から摘んで入れてあげるのもいいと思います。

茎や葉を切りお花だけにするとたくさん入れてあげられます。この量で足りるかな?と思う倍くらいのお花を用意してちょうどいいかもしれません。お花だけにするとかなり少なくなります。余ってしまっても、後で祭壇に飾ってあげれば華やかに。

〈 お手紙 〉

今までたくさんの幸せをくれたこの子に気持ちを込めて。

〈 お写真 〉

お写真は灰となり、お骨についてしまうことがあります。選びきれないかもしれませんが、数枚までに抑えたいところです。家族写真を入れてあげるご家族もいらっしゃいます。

 

〈 おもちゃ 〉

 

 

大きいもの、また素材によってはお骨についてしまったり、変色させてしまう場合があります。

また、形見としてとっておけばよかった…と後悔しないためにも、ご家族で話し合いをなさってください。

入れてあげたい。でも形見として残したい…。写真を撮って残しておくのはいかがでしょうか?

手元に残しておくのが辛い…。それでしたら、ほかの子に使ってもらうという選択肢もあります。虹の架け橋ぷうでは、「つなごう命のバトン」として、保護犬、保護猫、地域猫たちへ支援物資を届ける活動をしています。あの子の残したものが、他の誰かのために。

つなごう「命のバトン」

 

〈 いつもの器 〉

 

陶器やプラスチック、ステンレス製のものはお遺骨を損傷してしまう可能性があり、入れられません。

〈 首輪・リード・衣類 〉

 

燃えやすい布製のものは入れてあげられるものもあります。

金属製、プラスチック製の飾りがついたもの、また生地によってはこちらもお遺骨ついてしまったりします。

この子が身につけていたもの。入れてあげるのか残しておくのか…。

後悔しないようにしたいものです。

 

〈 いつものごはん・好きだったおやつ 〉

缶詰やパウチなどは中身だけ出し、紙で包むなどして少量入れてあげることができます。

病気治療や健康維持のために控えていた、大好物をいれてあげたいですね。

紙でお弁当箱を作り大好きなオヤツの詰め合わせを作ったご家族。

〈 ドライアイス・保冷剤・ジェルマット 〉

こちらは全て取り出してください。

 

虹の架け橋ぷうでは、ご依頼いただいた皆様にオリジナルポストカードを差し上げています。

ちいさなおこさま達には塗り絵のできるカードを。

うちの子そっくりに塗ってメッセージを。

お遺骨をきれいに守るため、何も入れないという選択もあります。

ご家族でご相談ください。

また、後悔が残ったという例をあげます。

  • その日は辛かったけど、やはり写真を撮っておけば良かった。
  • 可愛い肉球の写真やスタンプをとっておけば良かった。
  • 愛おしい毛を少しでも残しておけば良かった。
  • 急いで火葬してしまったけど、もう少しゆっくりお別れしておけば良かった。
  • あの時きれいに残った犬歯、分骨しておけば良かった。
  • 持って行ったお骨ツボが小さく、お骨を砕くことになってしまった…。もっと大きなお骨ツボを用意していれば良かった…。

虹の架け橋ぷうでは、ご家族がしっかりお別れ出来るよう、お手伝いさせていただきます。今まで無垢な愛情を向けてくれたあの子との別れ。後悔して欲しくないから。今出来ること。今しか出来ないことがあります。

 

 

大切な家族だから最後まで愛を込めて。

 

ホームページhttp://nijinokakehashi-poo.info/

facebookページhttps://m.facebook.com/nijinokakehashipoo/